機動刑事ジバン 第11話 少女と戦士の心の誓い

【けっして浪漫飛行とか言ってはいけません】

◆石濱朗さんと伊豆肇さん、ふたりの大物枠のテロップを入れ込むため、いつものテロップの、オープニングでの位置が、かなりずり上がっています。

◆サブタイトルの曲、流用だと思いますが、出典不明です。

(※2020/03/04追記:ジバンのオリジナル楽曲です。情報をくださった方、ありがとうございます)

◆過去の出来事を、頭の中で再現する装置、今で言うVRでしょうか。最先端すぎます。

◆大鉄人ワンセブンの最重要ショック音楽で、田村直人とまゆみちゃんが、過去の世界へレッツゴーです。

◆ジャッカーのメンバーがサイボーグ手術をされてそうな曲で、五十嵐博士が、さらわれた まゆみちゃんのもとに急ぎます。

◆獣人ヤマアラシみたいなのが出て出てきたと思ったら、ヤマアラシじゃなくて、ウニでした。

ウニがモチーフの怪人て、実は少数派です。今 私が思いつくのは、ショッカーのウニドグマ、ネオショッカーのウニデーモンくらいです。

◆年季の入ったイナズマンの曲で、田村直人、最後の抵抗。とっさの電撃で、ウニノイドを倒し、息絶えます。

一般人にやられる怪人って、ドグマのストロングベアや、バルキー星人、エゴスの四面怪人など、いないことはありませんが、この場合 やったほうが人間が、ほぼ超人です。

◆ オリジナル曲で、ジバンになる改造手術を受ける田村直人。一度死んで蘇るというのは、ジャッカー電撃隊で言うと、クローバーキングのパターンです。

◆ジバンの手術は完了しますが、大鉄人ワンセブンの曲では、ジバンは発動しません。五十嵐博士は、ジバンの動く姿を見ることなく、息絶えます。

死力を尽くして、改造手術を行うというのは、仮面ライダーXの、神博士を思い出させます。

◆シャリバンの曲でも、ジバンは発動せず、まだお休み中です。

◆主題歌イントロで、ついに、ジバン発動。これはなかなか良い選曲です。

◆挿入歌の先陣を切って『吠えろ!ジバン』が、本編初使用。これもなかなか良い選曲です。

◇楽曲流用率(あさみやしおん調べ):40%(8/20)
1曲目の出典不明曲含まず

(Visited 93 times, 1 visits today)