仮面ライダーストロンガー 第17話 怪談 悪魔の復活祭

【本当は二十目タイタンくらいだったりして】

オープニング、「コウモリ奇械人 安原義人」となっていますが、正しくは沢りつおさんです。

墓場で、いい大人たちがお化けに変装して、子供たちを怖がらせて喜んでいます。一仕事終わって、みんなお面を取ってます。

そのガマ獣人の頭は、いったいどこで入手したのでしょうか。

しかし、リアルはお化けがひとり混じっています。コウモリ奇械人です。「ぬいぐるみじゃねえ!」とお化けに化けた人。

まあ、本当はぬいぐるみなんですけどね。

コウモリ奇械人は赤い液でお化けに化けた人たちを溶かします。ですが、自分の体にも液が垂れまくっているのはノー問題なのでしょうか。

ひとり逃げた人が、城茂を見て「あんた、人間?」と聞きます。「おかしなことを聞く人だな」と城茂。てかアナタ電気人間じゃないですか。一瞬でも「どうしてこいつ、俺が改造人間であることがわかったのだ?!」とか思わなかったのでしょうか。

本物のお化けが出たと聞いても相手にしなかった城茂ですが、奇械人と聞いた途端目の色が変わります。ほどなくして、お得意のトランプ投げでジェネラルシャドウが現れます。

「タイタンに代わる大幹部、ここで始末してやる!!」と城茂。使う言葉が完全に悪人です。

すると「シャドウ様が貴様ごとき雑魚と直々に戦うか!」とコウモリ奇械人が現れます。

それはつまり、自分も雑魚であると宣言しているわけですが。

コウモリ奇械人、羽根がとっても邪魔そうです。カッターになっているようですが、もしかして無い方がよくありませんか。

城茂がライダーストロンガーに変身すると、突然夜が明けます。さすが、夜明けに叫んで大東京に朝が来る特命捜査課の刑事です。

ここで、挿入歌の先陣を切って、『ストロンガーアクション』の初使用です。

コウモリ奇械人を捕まえて「コウモリの丸焼きが出来るぜ!」とスロトンガー。あんまり美味しそうじゃないので、もうすこしウマそうなモチーフの奇械人の時にお願いしたいです。

コウモリ奇械人は逃がしますが、シャドウのトランプが落ちてます。それをたどっていく城茂と岬ユリ子。こんなことしょっちゅうやっていたら、トランプが何セットあっても足りません。

すると、棺桶を持ったスーツ姿の奇械人が見えます。ハゲタカン、メカゴリラ、カマキリ奇械人といるなかで、なぜか一人だけゴッド悪人軍団・アリカポネが混じっています。しかもこの復活怪人のうち最初にアップになるのがこのアリカポネだったりします。あとアリカポネ、他の3人に比べ、飛び抜けて頭がデカいです。

教会に入ると、オルガンを弾いているおやじさんがいます。曲は、前にカマキリ奇械人が弾いていた曲です。もしかしてトンボも食いましたかおやじさん。

棺桶の中身はタイタンでした。以前の葬式のときは一ツ目タイタンでしたが、今日は紳士タイタンの姿です。

それを見ていると、目のついた花のトゲに城茂が刺されます。両腕はコイルなのに、血が流れているようです。

その血をとっても美味しそうににすするタイタン。なにやらタイタンが動き出します。「今ならまだ間にあう!」と言うユリ子ですが、城茂はなぜか様子を見ようとします。今回ばかりはユリ子の言う通りにした方が良かったような感じでした。

タイタンは、百目タイタンとなってよみがえりました。

それでは、本当に目が百個あるか、実際に数えてみましょうか。

タイタンを追ってブラックサタンの車を追う城茂。車にはコウモリ奇械人が乗ってますが、羽根がデカ過ぎて、後部座席を全部占領して大変迷惑です。

ていうか、飛べば良いでしょう。コウモリなんですから。

車の上で城茂とコウモリ奇械人のアクション。車から落とされたコウモリ奇械人が「さあ来い!!」といいますが、落ちているだけにあまり凄みがありません。

ブラックサタンに操られていたおやじさんが正気に戻ります。どうやら、メシ時をシャドウに襲われたようです。

すると、外に出たと思われた、タックル大好きタイタンが現れます。ユリ子はタックルになりますが電波投げも効きません。「俺が休んでいる間、少しはマシになったかと思ったが、少しも進歩してないようだなタックルくん」とタイタン。大好きなタックルくんと再会して、タイタン大はしゃぎです。

タイタンはデコピンでタックルをノックアウトして、準備よく用意していた棺桶にタックルを入れます。

タックルを捕まえ、「俺が留守中、たるんでおらんかったろうな」と戦闘員に言うタイタン。すると「大きな口を叩くな」と、大きな目をしたタイタンの前に、おやじさんを捕えたシャドウが登場。ブラックサタンの大幹部、初のご対面です。こいつらの仲が良かろうはずがありません。いきなりいがみ合いです。

ふたりの仮面大幹部が織りなす怪人ドラマ、良いですね。これぞ特撮ドラマの醍醐味。大好きです。

そこへ「ブラックサタンの大幹部ふたりが争って何になる」と大首領。ただ、タイタンを復活させたい気持ちは分かるとしても、二人にしたのは大首領の失敗だったように思います。

大首領が仲裁に入ってもやっぱりいがみ合いの二人ですが、結局シャドウがおやじさんをタイタンに渡します。ただ、シャドウは相変わらず占い重視です。

カブトローで走るストロンガー。花を見つけて「綺麗な花だ」と言っているわりには、バイクで思いっきり踏みつけます。普通は花をよけるでしょう。まったく仮面ライダーの風上にもおけないヤツです。その花は地雷でした。だからいわんこっちゃない。

おやじさんとユリ子は目隠しされてジープで地雷原に入り込みかけますが、ストロンガーが止めます。ストロンガーはコウモリ奇械人と対決。電キックで倒しました。

相変わらず占い大好きのシャドウ。「しくじったなタイタン!!」とシャドウですが、とっても嬉しそうです。

(Visited 195 times, 1 visits today)