仮面ライダーストロンガー 第12話 決闘!ストロンガーの墓場!?

【おやじさん政治家に向いてたりして】

タイタンに、人間体クモ奇械人からライターのサービス。すると、タイタンはライターをクモにするという手品でお返し。なかなか粋な奴です。

クモ奇械人、腕と節足が繋がっていますが、あまり役に立ちそうにありません。あと、顔だけではパッと見クモとは分かりづらいです。

クモ奇械人は、タイタンの体を貫きますが、タイタンは平気です。ていうか、タイタンって8万度のマグマじゃありませんでしたっけ。腕溶けますよ。

クモ奇械人とタイタンの会話。明らかに視線が合ってませんが大丈夫でしょうか。

息子をブラックサタンに殺されたと、一人の男が息子の遺影を持って演説しますが、誰も聞いてはくれません。ただひとり、ベンチにベッタリと貼り付いた子供がとっても気になります。

その男を見て「ブラックサタンを知ってる」とユリ子。この時点でまだブラックサタンのブの字も言ってないんですけどね。

静観しようとした城茂ですが、余計な人が出てきました。我らがおやじさんです。おやじさんは大和田さんに協力する気満々で、次々に聴衆を集めます。

すると、死んだはずの息子が現れます。息子は大和田さんを連れて行きました。ひとりになってもまだ演説を続けるおやじさんを、今度は消防署の職員が連れて行きます。城茂はおやじさんを、ユリ子は大和田さんの方を追います。

救急車を追った城茂。戦闘員を前に「その姿を街の人に見せたかったぜ」とか「よせやい、お前たちにやれたんじゃみっともなくていけねえやい」と、相変わらず口数の多いカブトムシです。

するとタイタンが現れます。タックルが追った方には、最強のクモ奇械人がいるそうです。クモ奇械人の当てが外れたなというタイタンですが、タックル狙いのあなたも当てが外れたのではないですか。

城茂はライダーストロンガーに変身。実は前々から気になっていたのですが、ストロンガーの右目の下の方が汚れているのがとっても気になります。

ストロンガーとタイタンが戦っていると、ストロンガーをタックルのところへ行かせようと、おやじさんが割って入ってきます。ストロンガー、本当におやじさんにタイタンを任せて、さっさと行ってしまいます。なかなか薄情な仮面ライダーです。

おやじさんは、「ヌレ ワレ注意 日本板硝子」と書かれたコンテナにぶつかって気絶です。

一方、大和田さんの家では父親と息子が話をしています。大和田さんによると、ブラックサタンに改造されそうだと息子から手紙が来たそうです。普通に考えれば、手紙なんか書く暇があったら逃げ出した方が手っ取り早いわけなので、つまり手紙が来た時点から、ブラックサタンの作戦が始まっていたと考えた方がいいでしょう。

あと、ユリ子の使ってる盗聴器、ちょっと欲しいです。

大和田さんは、お前の耳にそんなほくろはなかったはずだと息子に言います。ほくろに見えましたか。

大和田宅に電波人間タックルが入ってきますが、息子もクモ奇械人の正体を見せます。タックルは電波投げを試みますが、クモ奇械人には効きませんでした。

大和田宅から出てくる息子を見る城茂。中に入ってユリ子を助けようとかしなかったのでしょうか。やっぱり薄情な仮面ライダーです。

城茂がイチローをつけて墓場までやってきます。すると“ストロンガー之墓”があります。どうせ用意してくれるなら仮面ライダーストロンガーとフルネームで書いてほしいところです。

「親切なこった、俺の墓まで用意してくれるとはな。これでいつ死んでも安心だぜ!!」と城茂。相変わらず減らず口は金メダル級です。

城茂はライダーストロンガーに変身。戦闘員を蹴散らしながら名乗りですが、「ストロンガー!!」と一番決めたいところでクモ奇械人がつっかかってきました。敵とはいえ空気くらいは読んでほしいものです。しょせんはクモですか。

あとストロンガー、相変わらず右目の下の方が汚れてます。

クモ奇械人は糸攻撃ですが、電気人間に接触技は危険です。案の定、電タッチを食らいます。そしてなにやら隠れたつもりらしいですが、電ショックを受けて焼きグモになったところを、タイタンに助けられます。

「口ほどにもない、何が最強の奇械人だ」とあきれ気味のタイタン。それはクモ奇械人に言っているのでしょうか、それとも大首領に言っているのでしょうか。

「タイタン、クモ奇械人に強化手術を行いたまえ」と大首領。前回あれだけ大言壮語してしまった手前、大首領としても多少はやってもうた感があるのか、いつもの勢いがありません。

大首領の言葉を受けて「手術の用意を」とタイタン。大首領が言うんじゃしょうがねえなあというタイタンの態度がナイスです。

あとタイタン、いちおう精密機械とかあるはずの手術室なので、タバコぷかぷかというのはどうかと思います。

手術が終わってクモ奇械人のデモンストレーションですが、戦闘員相手ではあまり当てになりません。本当に大丈夫なのでしょうか。

城茂が大和田宅を物色していると、唐突にタイタンが現れてさっさと消えます。するとエンジン音が聞こえます。どうやら城茂をおびき出すためだけにご足労願ったようです。

貨物船の中に捕まっているユリ子とおやじさん。あの位置関係だと少しがんばればユリ子のオッ●イが吸えそうなので、私がおやじさんならぜひそうしたいところです。

クモ奇械人は、輸出食料を毒ガスで汚染して、世界中から日本への恨みを買うようにさせるのだと言って作戦をバラします。ただ、そういう作戦はもっと食料自給率の高い国で実行することをお薦めします。

「そんなことして何になる!やめるんだ!!」とおやじさん。しかしクモ奇械人は「やめられるか」と言います。確かにその通りです。ただクモ奇械人、爆弾を仕掛けるというのはどうでしょう。船が爆発したら作戦もクソもないと思いますが。しょせんはクモですか。

しかし、毒ガス発生器も爆弾もライダーストロンガーに壊されました。ストロンガーはクモ奇械人と対決、ユリ子は電波人間タックルになって戦闘員と対決です。

おやじさん、タックルから離れまいと必死でくっついています。あまつさえ、タックルの後ろで電波投げの真似をしたり、完全にノビている戦闘員にまたがって「やああああああ」と叫んでいます。ショッカーの戦闘員をバッタバッタとなぎ倒していたおやじさんは、遠い昔です。

クモ奇械人、接触技は危険だというのに、また同じ轍を踏んでます。学習能力のない奴です。しょせんはクモ。結局、パワーを2倍にしたのも空しく、エレクトロファイヤーで高所から落ちてきたところを電キックでとどめを刺されました。

「奇械人をもっと強化せねば」とタイタン。まあ強化する前に自分を強化しちゃうんですけどね。

帰ってくるストロンガー。でも、おやじさんの武勇伝ねつ造を無視してさっさと去って行ってしまいましたとさ。

(Visited 130 times, 1 visits today)