仮面ライダー(新) 第6話 キノコジン 悪魔の手は冷たい


【どっちかといえば、キノコエキスで怪人作るより、健康食品でも作ったほうが儲かると思いますが】

■一度入ったものは生きて帰ることはできないという、悪魔峠というところで300年行きたキノコのエキスを使って、ネオショッカーの怪人・キノコジンが作られています。なんたが、ショッカーのキノコモルグみたいな製造法です。

ゼネラルモンスター曰く、最強の改造人間ということですが、確かにキノコ系の怪人は、意外と強敵が多いです。

キノコジンの性能テストのために、実験用人間を連れてこいというゼネラルモンスター。スペア人間とか、実験用人間とか、ネオショッカーもいろいろ大変です。

起きあがるキノコジンですが、パッと見「マツボックリジン」みたいにも見えます。

■濃い霧の山道を、雪江さんの運転する車が走っています。これ、スモークマシンで出した霧じゃなくて、本物の霧のようです。たまたまなのか、それとも霧の出るタイミングを狙って撮影したのでしょうか。

ていうか雪江さんは、お休みの日にこんな山道を通って、どこへ行っていたのでしょうか。

ちなみに、雪江さんを演じるのは、特捜最前線の超絶傑作「新宿ナイト・イン・フィーバー」で、”第5犠牲者”となる、高慢ちきな女を演じていた、上原美佐さんです。

雪江さんが霧に困っていると、霧の中からアイアンキング…じゃなくてキノコジンが現れます。

それを見て「ア”ア”ーーーー!!!!」と、ものごっつい悲鳴をあげて気絶する雪江さん。

するとキノコジンは「この二重あごの女に化ければ仮面ライダーを倒せる」と言って、雪江さんに化けます。

■久美子ちゃんが入院している病院では、みどりさんがお見舞いにケーキを持ってきたようです。今回初登場の、みどりさんの弟・シゲルは、すぐにケーキを食べたいようですが、みどりさんに止められます。

すると「チェッ、冷てえ姉貴」というシゲル。

なんだったら「叶みどり!姉貴の手は冷たい」にしましょうか、サブタイトル。

なお、先ほどの雪江さんは、ここの看護婦で、筑波洋も病院に出入りしていました。

■久美子ちゃんを車椅子で外に連れて出る、筑波洋と雪江さん。

久美子ちゃんは、雪江さんの手を触って「今日のお姉さんの手、とっても冷たいのね」と言います。

まあ人間なら、そういう日もあるとは思いますが。

すると、雪江さんは筑波洋の背後でキノコジンに変身。それに背中を押された筑波洋は、その勢いで車椅子を押してしまいます。

どう見ても久美子ちゃんの命は助からないような転がり方をする車椅子。そして筑波洋もキノコジンの胞子を浴びますが、たまたま通りかかった志度会長に発見されます。この人も、筑波洋に負けず劣らず、凄まじい遭遇率です。

■目が見えなくなるような大ケガを追った久美子ちゃん。病院の人たちは、雪江さんのせいで、久美子ちゃんがこうなったと思っています。

どっちかといえば、筑波洋がヘタレだったのが原因だと思いますが。

しかし、久美子ちゃんは「雪江さんは悪い人じゃない」と、雪江さんの手を握り「温かい手。わたし、お姉さんを信じるわ」と言います。まあ、人間ならそんなこともあると思いますが。

■その後、筑波洋を呼び出す雪江さん。しかし、これは偽物の方で、油断させてキノコジンになり、筑波洋を襲おうという魂胆です。

キノコジンを前に変身しようという筑波洋ですが、現れたアリコマンドに変身を邪魔されます。それでこそ悪の組織です。

筑波洋は、チャンスをうかがって、もう一度 変身しようとしますが、またも邪魔されます。二度邪魔されるのは、かなり珍しいです。

なかなか変身できない筑波洋は、そこらへんにあった消火器を持ち出して攻撃。なかなか非道です。

それと、よく分からないのですが、消火器って、本体を逆さにしても使えるものなのでしょうか。

結局、消火器攻撃に怯んだキノコジンとアリコマンドは退散。それを見て「恐ろしい奴らだ!」という筑波洋。

消火器を武器に使うアナタの方が、100倍恐ろしいです。

■病院では、飛田今太が雪江さんから薬をもらっています。「ルポライターの仕事って大変なんですね〜」と雪江さんが言うと「はい、腰ばっかり抜かしてますからな〜」という、飛田今太。

もうすぐ出番がなくなるので、それまでの辛抱ですよ。

その帰り、さっきいたはずの雪江さんを、もう一度別の場所で見かけて「ワシ、目も診てもらおうかな?」という飛田今太ですが、アナタが限りなく辻調理師専門学校の林先生に見えるのは、目の錯覚ではないと思います。

■久美子ちゃんの病室にやってきて、筑波洋が来たらこれを飲ませてと、薬のようなものを久美子ちゃんに手渡すニセ雪江。

すると、ほどなくして筑波洋がやってきます。目が見えなくても「おにちゃん?」という久美子ちゃんに「よく分かったね」という筑波洋。

多分、キツイ体臭でもしているのだと思います。

そして、さっきの怪しい液体をゴクゴク飲む筑波洋。やがて、苦しんでブっ倒れます。

そのチャンスに筑波洋を殺そうとするニセ雪江。しかし「安っぽい手に乗る俺じゃない!」と、あっさり復活する筑波洋。

ニセ雪江から正体を現すキノコジンを見て、本物の雪江さんは「アアーーーー!!!!」と、再び凄まじい悲鳴をあげます。

「貴様のような卑怯なやり口は許せん!」という筑波洋。キノコジンは「動くと娘の命はない!」と、ベッドの久美子ちゃんに手をかけようとしますが、ベッドにいたのは久美子ちゃんではなく、ただの人形。

キノコジン、卑怯なうえに安っぽい手にあっさり引っかかりました。しょせんはキノコです。

キノコジンは、病室の窓から飛び降り、それを追って筑波洋も飛び降ります。

すんません、そこ何階ですか。

■キノコジンの胞子を吸った筑波洋。それを吸ったものは、幻覚を見て、自ら命を断つのだそうです。

すると、海の向こうで、巨大会長や巨大みどりさんが、筑波洋を呼んでいます。

きなこ餅を食いすぎたような顔をした筑波洋は、どんどん海に入っていきますが、水没した後「この瞬間、キノコジンの毒が波に洗い流されたのだ!」という、中江さんの最強ナレーションとともに、スカイライダーに変身。

「貴様は、水の中でも変身できるのか?!」と驚くキノコジンですが、そんなことで驚く前に、筑波洋が海に入った時点で「胞子が流れる!マズイ!」と気がついてほしいものです。まあ、策に溺れてそこまで頭が回らなかったのでしょう。やはり、しょせんはキノコです。

「逃さんぞバケモノ!」と、ヒドイことを言いながらキノコジンと戦うスカイライダー。逃げたキノコジンを追って、相変わらず壁壊し専用マシンのスカイターボで岩を破壊するスカイライダー。

見つかったキノコジンは「ええい、ワシに戦いを挑むとは、命知らずのバカ者よ!」と大口をたたいて「連続キノコ返し」というなんだかよく分からない謎の技を繰り出してスカイライダーと戦いますが、あっけなくスカイライダーの反撃にあい、両足スカイキックを食らって、自ら安全フレーム内に微妙に移動しながら敗れ去ります。まあ文字通り、口ほどにもありませんでした。

■目出たく目が見えるようになった久美子ちゃん。

すると「私ね、夢を見たのよ」と、筑波洋に言う久美子ちゃん。

筑波洋はまた夢の話かと、うんざりしながら「どんな夢かな」と聞きます。

久美子ちゃんは「仮面ライダーに会ったの。手術中のわたしを励ましてくれたのよ。はじめは恐かったけど、赤いマフラーの優しい人だったわ」と言います。

筑波洋、内心ムカついていたと思います。

ともあれ、飛田今太の目の診断結果が気になりながら、今回は終わりです。

(Visited 323 times, 1 visits today)