レッドマン 第4話 vsアーストロン(2)

相変わらず、着ぐるみの劣化なのか、首元をたるませたアーストロンが歩いております。おっと、時おり吠えております。おそらく、前回レッドマンにやられたことを思い出して、悔しがっているのでありましょう。

あーっと!そこへ不吉なBGMとともに、なぜか全力疾走のレッドマンが登場であります!

おっとレッドマン、アーストロンを見つけたか?いきなりファイティングポーズであります。しかし、それに気づかないのか、気づいていて無視なのか、アーストロン、レッドマンをスルーであります。

おっと、それに怒ったかレッドマン。ジャンプ一閃、アーストロンの前に立った!「レッドファイッッ!!」と叫んで、アーストロンを挑発か?

あーっとアーストロン、ここで売られた喧嘩を買わなければ、怪獣の名がすたると言わんばかりに、レッドマンに向かっていきます!まさに前回の雪辱、リターンマッチであります!

両者、間合いを取りながら、一進一退の攻防!アーストロン、やや優勢か?あっとしかし、レッドマンが姿を消した!これはどうしたことでありましょうか?

うろたえるアーストロン!しかし、レッドマン忽然と現れました!

あっとアーストロン、そのレッドマンに対し、汚いマネするな、堂々と戦えと言わんばかりに吠えております!

あーっと!ここで、レッドマン飛んだ!
キック!レッドキックであります!
そしてすかさずレッドチョップとのコンビネーション!!
あっと、アーストロンダウン!ダウンであります!

そしてレッドマン、身じろぎひとつしないアーストロンを前に、勝利のポーズであります!まさに鬼畜の所業、いや勝負の鬼レッドマンであります!

(Visited 135 times, 1 visits today)