スペクトルマン 第56話 宇宙の殺し屋 流星仮面


【キラー星人・マーダラー3兄弟・流星仮面 登場】

焚き火を前にした「火の用心」の文字が妙に空しい。

◆   ◆   ◆

マーダラー3兄弟のうち、ひとりは倒したものの、依然脅威は去らず、そのうえ流星仮面にまで挑戦状を叩きつけられたスペクトルマン。

ともかく、一度ネヴュラに戻るスペクトルマンだが、その間にもキラー星人の魔の手は始とGメンたちに迫る。

満足に回復しないまま、地球に戻るスペクトルマン。しかし、Gメンは捕られ、彼らを助けるためにキラー星人のもとへ一人ゆく蒲生譲二。

そのころ、流星仮面は…。

前回の続き、流星仮面を利用してスペクトルマンを倒そうとするキラー星人、そのキラー星人を利用しようとするゴリ、という悪の利用連鎖。

そして、スペクトルマンを倒すのが目的としながらも、始少年から「良い人」認定され、心が揺らぎはじめる流星仮面、それらが絡みあう展開は、とても面白い。

最後は対決するスペクトルマンと流星仮面であるが、その時はすでに、流星仮面は「宇宙の殺し屋」ではなくなっていたのだろうか。

彼の「本当の姿」を知っているのはスペクトルマンのみ。それだけに、始少年に語った「流星仮面の最後の言葉」は、泣かせるものがある。

さて、前回同様、等身大のスペクトルマンしか登場しない後編。

イゴール星人・草人間、そしてキラー星人と、集団の敵vsGメンたちという図式がこのところ続いていたが、この前後編は、アクションよりもストーリーに重きをおいて撮られたように見える。

ストーリー中、電話のある家が村長の家だけという会話が出てきたが、そんな時代だったのだぁと感じる。そういや昔は、電話加入権でお金が借りられたんだもんなぁ。

今じゃ、スマホの時代…。

冒頭「宇宙には、いろいろな悪がいる、殺し屋がいる」という蒲生譲二。

にしても、ちと多過ぎやしませんか。

その後、ネヴュラに帰ったスペクトルマンに対し、上司?のネヴュラ遊星人が「そのケガでよくここまでやってこられたな」と、一言。

まるで他人事。

(Visited 346 times, 1 visits today)