スペクトルマン 第50話 イゴール星人を倒せ!


【イゴール星人・ブラックドラゴン 登場】

赤ん坊ほったらかしかよ。

◆   ◆   ◆

ある炭鉱町の地下に、コバルト鉱脈があることが判明。

それを狙う宇宙の破壊者・イゴール星人が、その町を占領した。

怪獣Gメンは町に入り、ただ一人魔の手から逃れた少年を発見。

少年と共に一旦町を出ようとするGメンだが、外に繋がる唯一の橋を、ロボット怪獣・ブラックドラゴンに破壊されてしまう。

そこへ、スペクトルマンの登場。しかし蒲生譲二は怪我のためスペクトルマンに変身できない。

つまり、目の前のスペクトルマンは偽物なのだ…!

◆   ◆   ◆

福岡の炭鉱街を舞台に描かれる回。

ロケ地はどこか不明だが、古き日本の町並みがよく分かって興味深い。

まあ、ジープやらトラックやらでかなり荒らしてるが…。

この回、変身できない蒲生譲二だが「顔だけ蒲生で身体はスペクトルマン」という珍しい場面が見所。その直後に他の連中がやってきたから、まさに危機一髪。

というわけで、いつもよりホッソリした偽スペクトルマン登場。

スーツアクターは、後にライオン丸を演じる、鴨志田さん。

それにしても偽スペクトルマンとブラックドラゴンの格闘が妙に長い…。

結局、偽スペクトルマンが何者で、何の狙いがあったのかサッパリ分からないまま、次回に続きます。

イゴール星人と格闘する有藤さん。

見事な早業で人形と入れ代わりました。

で、「宇宙を挑発するデストロイヤーだ」と自己紹介する、イゴール星人。

挑発するだけ?

さらに「地球を抹殺するために来た」というイゴール星人。

すんません、日本語からやり直していただいてよろしいでしょうか。

(Visited 81 times, 1 visits today)