仮面ライダー剣(ブレイド) 第28話

【メインのバトルステージは週ごとに変えましょう】

■相変わらず、やたらとジャックフォームを使いたがるブレイド。

やっぱり、バン●イの陰謀でしょうか。

■睦月に対し「睦月、目を覚ましたか。自分の心を制御できない人間に、ライダーをやる資格はない!」などとぬかす、ブレイド。

アンタにだけは言われたくありません。

ていうか、それはつまり、昔の橘さんも批判しているということでしょうか。

あと、アナタは自分のことを、心を制御できていると思っているようですが、それは「制御できている」のではなく、何も考えないだけの「ただのバカ」だという可能性も、なくはないですよ。

■アンデッドに襲われたのぞみちゃんを助ける嶋さんですが、端から見たら、単なるアンデッド対アンデッド。

のぞみちゃんは都合良く気絶してくれました。まあ、見た目は普通にタランチュラ怪人ですからね。

■病院にのぞみちゃんを連れ込んで、ベッドに寝かせる、嶋さん。

それを見て「何をしてるんですか」という、橘さん。

いかがわしい行為です。

ていうか、なんでそんな中途半端な寝かせ方してますか。靴ぐらい脱がせても、命までは取られないと思いますが。

■のぞみちゃんが、アンデッドと遭遇した記憶を嶋さんに消されたので、代わりに、日差しが強いのであてられたのだろうと、ウソの記憶をのぞみちゃんに吹き込む橘さん。

正直、そんなことで倒れるような、か弱い乙女のような気はしませんが、のぞみちゃん本人が納得するならそれでいいです。

■睦月を「悔しくないのか、負けておめおめ帰ってきて、それでもお前は最強のライダーか!!」と、激しく叱責する、カテゴリーエース。

「くやしいです!!」

て、このネタが使えるのも、後どのくらいでしょうか。もう少し生きててくれよ、ザ●ングル。

■「彼女の心の声を風にしたものだ」と称して「睦月、好きだよ、大好きだよ」とか言ってるのぞみちゃんの声を睦月に聞かせる、嶋さん。

そして「カテゴリーエースに支配されようとしたとき、この声で打ち勝て!」と言います。

なかなか甘っちょろい精神論です。

■始さんが初めて「ジョーカー」と呼ばれました。今までは、思わせぶりに「ヤツ」呼ばわりでしたけど。

■再び戦うレンゲルと嶋さん。
レンゲルに対し、相変わらず“好きだよ攻撃”を発動する、嶋さん。

ある意味、高度な嫌がらせです。

■ベッカーアンデッド、半病人のギャレンに、1話であっさり封印されました。

最近“並アンデッド”の弱体化が著しいようです。

■今気がつきましたが、タランチュラ怪人の口って、モモタロスみたいです。

■嶋さんが封印されました。
クローバーのキング、カードには“EVOLUTION(進化)”と書いてあります。

間違っても

チョップ一撃 緑の火!!

とか、

目から火の出る重力パンチ!!

とか、一言も書いてません。

(Visited 85 times, 1 visits today)