特警ウインスペクター 第45話 爆破0秒前の愛


■脚本 山田隆司

■監督 新井 清

■あらすじ

「0秒前」って、

特捜最前線かっ!

少年院に入っていた足利が、ある組織の手引で脱走した。

彼を逃がした組織は、足利に、中津川を殺すチャンスをやるという。

中津川とは、足利の父を自殺させた仇だった。

■ヒトコト

ある少年の復讐を、同じ境遇にあった少女が止めるという話。

足利を演じるのは、「ターボレンジャー」でイエローターボだった、片桐順一郎。

「ソルブレイン」では、本当にわざと配線を間違えたのかどうかもあやしい、頼りない工業大学中退生だったが、今回は正真正銘の爆弾エキスパートの役。

■ミドコロ

▽2億円の分け前にしては少ない、5000万の報酬。

▽いつにもまして、どっかの女子高の制服みたいな衣装の純子さん。

▽思いっきりバンク映像の、少年刑務所の全景。かなり昔だぞ、これ。

▽前半10分で、セリフだけで無理やり状況を説明する、見事な脚本。

▽明らかに「浮いている」、「炎は未来へ」のインスト。

▽あまりにも目立ち過ぎる、校門前でのウインスコードでの張り込み。

▽「瞬転」の音楽での説得?いつもながら妙な選曲。

▽いたこと自体が失敗だった、バイクル。

▽この時代のスーツの流行りがひとめで分かる、竜馬隊長のスーツ姿。

いやまあ、本当は1999年(もう2000年?)なんですけどね。

▽「京子さんは必ず僕たちが守ります!」という、とても張り込みひとつ満足にできない人達が自信を持って口にするとは思えないセリフ。

▽狙ってくれと言わんばかりの、ウインスペクターによる警護。

▽足利を発見したことよりも、マキシムモードを撃つファイヤーを、身体ひとつで空中で支えたことの方がお手柄の、ウォルター。

▽華麗に吹き飛ぶ、本部長の帽子。

▽京子さんの顔が小さいのか、純子さんの顔がデカいのか…。

■超人機メタルダー楽曲 流用カウンター

本編使用 20曲中 12曲

流用率 60%(あさみや紫苑調べ)

特警ウインスペクター VOL.5<完> [DVD]

(Visited 99 times, 1 visits today)