特警ウインスペクター 第37話 アマゾネス来襲


■脚本 増田貴彦

■監督 三ッ村鐵治

■あらすじ

ペルーからやってきた五人の女。

彼女らは、現地から「黄金像」を取り戻すためにやってきたのだ。

黄金像を持っているのは、平田という男であるとみたナビアは、平田の娘・明子に毒針を打ち込み、解毒剤と像を交換すると言ってきた。

しかし、娘の命の危険を前にして、平田のとった行動は…。

■ヒトコト

増田貴彦氏、レスキューシリーズ脚本初参加。

下手な悪の組織の怪人やロボットより、欲に目のくらんだ人間こそが、本当の醜い怪人だということが言えそうな回。

平田役は、「大戦隊ゴーグルファイブ」のイガアナ博士、また、帰ってきたウルトラマンのスーツアクターとしても知られる、きくち英一さん。

また、アマゾネスのナビアを演じるのは、「スピルバン」のダイアナ、「仮面ライダーBLACK RX」の白鳥玲子として特撮ファンにはお馴染みの、高野槇じゅんさん。

が、高野槇さんのオープニングでのテロップが「その他大勢扱い」になっているのは、どういうことであろうか。

仮にも、過去に「変身するヒロイン」だったくらいのレベルなのだから、せめてきくちさんと同列には並ぶべきだと思うのだが。

誰が「序列」を決めているのか知らないが、基準がよく分からん。

■ミドコロ

▽サブタイトル前に出てくる、アマゾネスの二人目の人、めっちゃ恐いです。

▽ウインスペクターVSアマゾネス、他人の家荒らし放題。

▽ゲドンの秘密が隠されている、キープ、ではなくて。

ていうか、「生田が原」なんて具体的な日本の地名を、一体いつ仕込んだのかは謎です。

▽こっちはこっちで、いつ家の中に隠し蔵なんか作ったのかよく分からない平田。

▽なぜか思っきりバンク映像の、救急車。

▽マドックス声のない「着化」。

■超人機メタルダー楽曲 流用カウンター

本編使用 22曲中 11曲

流用率 50%(あさみや紫苑調べ)

特警ウィンスペクター VOL.4 [DVD]

(Visited 141 times, 1 visits today)