特警ウインスペクター 第34話 逆転ばあちゃん


■脚本 山田隆司

■監督 新井 清

■あらすじ

バイクル・ウォルター、生まれて初めての休暇!

しかし、二人の前に現れた「自称」金持ちのばあさん・銀子。

銀子は、デミタスを人質にとり、遊園地の優待券と引き換えに、自分が入っている老人ホームへ、時間になったら慰問に来るように、バイクルとウォルターに要請する。

しかし、時間までに行くことができなかった二人。

その間に、ばあさんは二人組の男に誘拐されてしまった!

■ヒトコト

バイクル・ウォルターの珍道中と、ばあさん・息子との絆を、犯人の事情をも絡めて描いた話。

誘拐犯二人組は、「特捜最前線」はじめ、テレビドラマ全盛期には、数多くの作品に悪役として出演した根岸一正さんと、「仮面ライダーBLACK RX」の、霞のジョーこと小山力也さん。小山さんは「ゴセイジャー」にも、声優として参加しています。

■ミドコロ

▽「わざわざ電車で行かなくても、私のディスライダーでひとっ飛びで行けば良かっんだ」というウォルターに、「それじゃ仕事とおんなじだがね!電車で行ってこそ、休みの気分が味わえるってもんだがね」というバイクル。

ロボットなのに、なかなか分かってるよな、バイクル。

▽「ロボットがビールもジュースも飲める訳ないだろ」というデミタス。

オイルは飲めるみたいですけど。

▽「人間が入ってるんじゃないかと思ったけど、違うんだね」という、銀子ばあさん。

いやまあ、本当はその通りなんですけどね。

▽「瞬転」の音楽で、デミタスがばあさんの人質に取られたり、老人ホームに入ったり、悪人がほくそ笑んだりと、訳の分からん選曲。

▽この「チビロボット」を人質にとっているというばあさんに、「デミタス」です。というチビロボット。

空き缶呼ばわりよりマシやろ。

▽本日のタイアップ先、富●急ハイランド。

▽入口に「警察官立寄所」の看板。

確かに立ち寄りました。

▽ウォルターとバイクルのゴーグルに映る、パトランプ。芸が細かくてグーです。

▽話を引き延ばすより、取る前に切れないか心配な、電話の呼び出し音。

▽「警察やウインスペクターが張り込んでいたら…」という犯人。

ウインスペクターも、警察のいち組織ではあるんですが。

ていうか、ウインスペクターじゃない「ただの警察」が来たら、むしろラッキーです。

▽かなり唐突な、爆竹集団。

▽なかなか見られない、バイクルとウォルターの大アクション。

▽バイクル「ワシにもワシにも」??

本気か?

■超人機メタルダー楽曲 流用カウンター

本編使用 16曲中 9曲

流用率 56%(あさみや紫苑調べ)

特警ウィンスペクター VOL.4 [DVD]

(Visited 95 times, 1 visits today)