鳥人戦隊ジェットマン 第35話 鳩がくれた戦う勇気


■脚本 荒木憲一

■監督 東條昭平

■あらすじ

産業廃棄物から生まれたバイオ次元獣・毒ガスネズミが現れた。

そのバイオ次元獣に立ち向かう一羽の鳩。それは、恵理という少女にとって、大切な鳩だった。

■ヒトコト

なんか、同じ年の違う作品に、似たようなタイトルがあったような…。

いろんな要素を本編17分に詰め込み過ぎて、いろんなところに無理がある話。

本編が短いんだから、もう少しテーマを絞るべきだったように思う。

■ミドコロ

▽またまた登場「歩くゴミ」。

そのゴミの所業を見て「貴様たち人類に、地球に住む資格はない!」という、ラディゲ。

たまには良いこと言うじゃないですか。全くもっておっしゃる通りです。

▽怪物呼ばわりされたみたいに登場したアコちゃん。

「んランラランララン♪」て。

▽ネズミなのに再生能力がある、毒ガスネズミ。

▽「味は保証しないけど、アコさん特製のお弁当」という、アコちゃん。

そんなヤバいものは、竜か凱を実験台にしてから、少女にあげてください。

▽アコスクリューキィーク!

▽頭飾りが吹っ飛ぶ勢いで水に突っ込んだ、ラディゲ。

▽最初に言っておく、マスクの目は飾りだ!

▽やっぱり欽ちゃん走りのテトラボーイ。

(Visited 180 times, 1 visits today)