鳥人戦隊ジェットマン 第32話 翼よ!再び


■脚本 井上敏樹

■監督 蓑輪雅夫

■あらすじ

リエがバイラムの幹部であることを知った竜は、塞ぎ込んでしまう。

一方ラディゲは、ラモンとゴーグの合体魔神を手下とすることに成功する。

そんな中、傷心の竜の姿を見た凱は…。

■ヒトコト

リエがマリアだったと知ったものの、またリエがマリアに戻ってショックを受け、イジイジになった竜を見て、逆にコイツ人間らしいと凱がやる気になって、そのうちに竜がMに目覚めてジェットマンに復帰するという話。

戦士といえども人間だ、人間だから恋愛もする、というあたりから、戦隊の離散と集合を描いた3部作。

その是非はともかく、アプローチ自体は今までの戦隊にはなかったものなので、その点は評価したい。

■ミドコロ

▽もちつけ!もちつけ竜!

▽イジイジ竜ちゃんの妄想タイムパート1。

しかも、演出が若干昭和。まあ、まだ平成3年ですけど。

▽イジイジ竜ちゃんの妄想タイムパート2。

やっぱり、リエの笑い方が若干昭和。

▽やっぱり、竜とリエの夫婦生活が想像できそうな戦い。

▽やってることのレベルが、携帯電話の電池カバーの裏に彼女の写真を貼ってる民間人と変わらない、竜。

▽本来なら、すごくカッコいいシーンになるはずなのに、事情が事情なだけに、あまりカッコよく見えない「復活の竜」。

まあ、私の主観ですけど。

▽名乗り→主題歌インスト部分

戦い→主題歌1番歌入り

こういうところの使い方が上手いんだよなあ、宮葉さんは。

▽初登場のハーケンスクラムと、全てオープンセットのロボット戦。

(Visited 115 times, 1 visits today)