海賊戦隊ゴーカイジャー 第1話 感想

■脚本 荒川稔久

■監督 中澤祥次郎

【結局、一番元気なのは関智一だな】

「ディケイド」で味をしめたのか、2011年の戦隊・ゴーカイジャーは、過去の全戦隊の力を使うことができるらしい。

(ゆえに、オーニングの「原作」のところに、石ノ森章太郎が名を連ねている)。

だから「最強の戦隊」だというフレコミ。

なんか、「最強」の意味をカン違いしてないか?

いちおう、制作側としては、冒頭の大合戦シーンで視聴者の度胸を抜いたつもりなのかもしれないが、私としては、

「あーこれ、撮影大変だったろうなあ」とか

「あーディケイドの第1話でも、こんなことやってたなあ」

くらいの感想しかない。

どうせ夏の劇場版でも、こんな感じになるんだろうなあ…。

ゴーカイジャーが、ゴレンジャーとかシンケンジャーとかに変わるのも、ディケイドで散々こういうの見せられてるので、正直「もういいよ」って感じ。

だいたい、ゴーカイジャーすらまだ「ヒーロー」として認識されていないのに、いきなり「偽物」に変身してどうするのだ?

本当に、1年続けられるのか?この番組。

こんな目茶苦茶な作品の「処理」を任される荒川さんも大変だ…。

とりあえず、唯一(?)のミドコロは、アカレンジャーの声が誠直也さんだったということかな。

誠さんも、まさかゴレンジャーから30年以上経ってから、アカレンジャーの声をやるとは思ってなかっただろうなあ。

ていうか、どうせなら誠さんには、司令官とかの役で本格的に出演してほしいのだけれど。

あと「この星のお金がないよ」といって、食うためのお金を得ようとするところは、現実的で面白いのだが、なぜ宝石(か、何か)を売る?

ピンクが、地球人(というか日本人)を「庶民」と呼んでいたが、アンタらこそ、まさに庶民的行動じゃん。

海賊だったら銀行を襲わんかい、銀行を。

第一、身分証とか持ってへんやろ、こいつら。

というわけで、荒川さんの手腕に期待するしかないな、という感想でした。

(Visited 100 times, 1 visits today)