特警ウインスペクター 第19話 愛と勇気の父子橋


■脚本 宮下隼一

■監督 三ッ村鐵治

■あらすじ

かつては優秀な刑事だったが、いまは退職している森田。

彼の息子は、連続強盗犯の顔を見たと言い、そのために命を狙われる。

森田は、犯人逮捕のため、自分たち親子が囮になると申しでるが、危険であるため、正木本部長はそれを断る。

しかし、森田が下した決断は…!

■ヒトコト

これより3話連続で、過去にリリースされた「傑作選」に収録された回。

脚本・監督「特捜最前線」コンビが送るこの回は、前回同様、親子の絆を描いた回だが、今回は父親が主体で、ひとつの事件をきっかけに、父と子が生きる決意を新たにする話。

この回、若い頃は「闘え!ドラゴン」に出演、特捜最前線の「新宿ナイト・イン・フィーバー」では強烈なインパクトを残し、「仮面ライダーBLACK RX」では佐原社長役だった、赤塚真人さんが登場。頼りなさと厳しさを併せもつ父親を好演しています。

■ミドコロ

▽悪人には相応しくない、妙にキレイな運動靴。

▽こんな時に自分の家に逃げ込もうとする、要領の悪いミキオ。

▽ミキオを助ける森田。

そういや、「新宿−」のときは、こんなところから落ちたねえ…。

▽竜馬隊長、初の「私服」?

▽大きさの割にはよく聞こえる、カセットレコーダー。

てか、そんなもん、どこに隠してた?

▽ファイヤーの、ものごっつい登り方。

▽突然出てきて、犯人の紹介をしてくれるバイクル。

ていうかアンタ、もっとはよう来な。

▽あれ、ファイヤー左投げ…?

▽「よくも隊長を!」と、若干逆恨み気味で犯人の頭を叩くバイクル。

とっても良い音。

▽あきれるくらいガックリしている犯人。

■超人機メタルダー楽曲 流用カウンター

本編使用 21曲中 11曲

流用率 52%(あさみや紫苑調べ)

特警ウインスペクター VOL.2 [DVD]

(Visited 83 times, 1 visits today)