特救指令ソルブレイン 第46話 天才瞬間製造機


■脚本 杉村 升

■監督 三ッ村鐵治

■あらすじ

亨くんのおじいちゃん・片山博士の研究が何者かに奪われた。

捜査が進むなか、突然、亨くんが記憶力抜群になる。

亨くんは、賊が侵入する前、博士が開発した装置の光線を浴びていたのだ。

亨くんは、自分の記憶を頼りに、焼失した装置の設計図を復元するが、そのことを「真犯人」に知られてしまう…。

■ヒトコト

他人の研究を自分のものとして発表し、大儲けしようとした犯人が、運転の下手な同僚のせいで足がついて、チャンチャン♪という話。

それにしても杉村さん、脳みそイジるの好きだな…。

■ミドコロ

▽突然、ゴレンジャー時代の、爆発特撮映像。

▽ドリフのコントみたいに、二人のスーパーヒーローの頭上に落ちてきた、コンクリート片。

▽いつ見ても鮮やかな、竜馬隊長の回し蹴り。

▽「記憶力天才少年」よりも気になる、

「N●T、個人情報を業者に渡す」
「毎月1000万円の不払い」

の見出し。何ごとだ!?

ちなみに、亨くんの記事の書き出しは

「外山元次長は、今年三月末に突然、銀行を依願退職したが、不動産会社の関係者によると、この直後から同社に頻繁に出入りし…」

って、

事件と全然関係あらへんやん!!

▽なぜか自分の姿が消えている、隊長の回想。

▽昔のクセで、うっかり「着化!!」と叫んでしまわないか心配になる、竜馬隊長。

▽「マシーンを浴びて、設計図を覚えるんだ!」という、西川。
ダッカーの総統Dか、お前は。

▽やっぱり、オイシイところは持っていくナイトファイヤー。

▽逮捕歴と引き換えに、宴会の余興芸を身につけた西川。

ていうか、カレーうまそう。

▽ロッカーを開ける目的より、おそらくデタラメに押して偶然開いたであろう、その暗証番号を、覚えてないことの方が問題の、純くん。

特救指令ソルブレイン VOL.5<完>【DVD】

(Visited 95 times, 1 visits today)