特救指令ソルブレイン 第45話 標的は小さな証人


■脚本 宮下隼一 鈴木康之

■監督 小笠原猛

■あらすじ

警察官狙撃事件の目撃者の保護と護送のため、ひろみという少女の家に向かった隊長。

しかし、そこにはすでに、犯人の魔の手が迫っていた。

両親を交通事故でなくし、それ以来頑なになったひろみは、なかなか隊長に心を開こうとはしない。

しかし、常に彼女に寄り添うヘルパー・洋子の言動に、隊長は疑念を抱き始める。

洋子は、何かを知っている。何かを隠している…!

■ヒトコト

罪滅ぼしと真実、その中で揺れ動く二人の女性の葛藤を描いた話。

超科学アイテムなどは登場せず、「特捜」の宮下隼一脚本らしく、特撮ものでなくても転用出来そうな話。

ラストは、多少強引な気もするけど、30分という時間的制約の宿命か。

あと、これは脚本にあったかどうかは分からないが、もしあったとしたら妙に「吊橋」が好きな脚本家だな、宮下さん…。

■ミドコロ

▽ビジネスウーマンっぽい、玲子さんの衣装。

▽「弓」と「月」で一文字に見える「弓月」の表札。

▽さりげなく「ピロロン」と音が鳴る、隊長の電子手帳。

▽相変わらず、よくズリ落ちる隊長の上着の袖。

縄、縄!

▽意外と脆い、隊長の電子手帳。

▽犯人に狙われたことをダシに使った、隊長の凶悪説得

▽吊橋のシーンで流れている、当時発売の「音楽集」には収録されているものの、本編ではほとんど使用されていない曲。

▽やっぱり、主役よりオイシイところを持っていくナイトファイヤー。

特救指令ソルブレイン VOL.5<完>【DVD】

(Visited 80 times, 1 visits today)