特救指令ソルブレイン 第38話 死をささやく悪霊


■脚本 高久 進

■監督 小笠原猛

■あらすじ

多発する、自殺の謎。

それを解く鍵は「リガの女」という絵画、そしてヒットラー、ナチスドイツ…?

■ヒトコト

ソルブレイン、ついに「悪霊」と対決?

まあ、翌年の人たちは「悪魔」と戦いましたが…。

まさに、懐の深い「ソルブレイン」らしいと言えばそうなのだが、にしても「君はこの戦いを正視できるか?」っていう予告編のナレーションもどうかと。

この回、前作で「雨に泣くロボット」に出演した吉川理恵子さんが、また「超獣戦隊ライブマン」の仙田ルイ・ドクターマゼンタこと来栖明子(のちの天祭揚子)さんが出演。

この二人、「ダイレンジャー」では、コピー女帝とガラ中佐。

ダイレンでは直接共演はなかったが、実は「部下と上司」の関係?

■ヒトコト

▽悪霊より恐ろしい、郡司亜子の歯石。

▽いったいどこに繋がっていたのかよく分からない、ボスワインダー。

▽黒ジャンパーに戻った隊長と、冬服に戻った本部長。

▽ヒットラー…、日曜朝8時からヒットラー…。

▽髪型とメイクのせいか、ちょっと老けて見える、村山和美。

▽やけに看板が堂々としている「大霊界研究所」。

▽首吊り…、日曜朝8時に首吊り…。

▽悪霊よりも見てはいけない「プラス・アップの瞬間」を見てしまった和美さん。

あ、隊長の「プラス・アップ!」の声にエコーがかかっているのは、本来はダビング作業のミスですが、この際目をつむりましょう。

▽バイオロボやターボロボもビックリの、ソルドーザー大回転。

特救指令ソルブレイン VOL.4【DVD】

(Visited 190 times, 1 visits today)