特救指令ソルブレイン 第22話 非情のファイヤー(PART-II)


■脚本 杉村 升

■監督 三ッ村鐵治

■あらすじ

竜馬は、あるひとりの男を追って、日本に来ていた。

その男の名は「メサイヤ」。

メサイヤを発見した竜馬、そして大樹。

メサイヤは、スポーツクラブのロッカールームに逃げこんだが、そこにはメサイヤの姿はなく、ひとりの女性しかいなかった。

しかし、竜馬は、その女こそが「追っていたもの」だという。

そして竜馬は、何の躊躇もなく、女を撃った…!

■ヒトコト

「着化!」

「ブラス・アップ!」

またまた、完全直結シリーズならでは、ソルブレインとウインスペクター、夢の共闘!

しかし、重大な秘密を隠しているファイヤーと、メサイヤの「正体」に感づきはじめたソルブレイバーが対立!それもまた見所。

この回から、数々の悪役で知られる、堀田真三さんがメサイヤ役として登場。

相変わらずのパワフルな暴れっぷりを見せてくれる。

が、次回では…。

■ヒトコト

本部長と竜馬の再会。

竜馬が「本部長、一段と衣装が派手になったなあ」と、内心思っていたかどうかは定かではない。

▽「これが人間なら、簡単に殺せなんて言いませんからね。ロボットだから、軽く見られるんです!

と、かなり手厳しいウォルター。

あと、バイクルとソルドーザー、この3人が居酒屋、いや「居オイル屋」で飲んだら、上司や同僚の愚痴で盛り上がりそう。

▽民家に押し入るメサイヤ。

ここの家の人には災難でしたが、見た目可愛い女の子に、この人たちが縛り上げられる光景を想像すると、ちょっと可笑しい。

▽「入ってきたときは女だったのに、出ていくときは男だった」という言い草。

▽いったい何がしたいのかよく分からない、バイクルの救出活動。

▽仲間割れするブレイバーとファイヤー。

そこへ、挿入歌「ブラス・アップ!」初使用。

ところで、予告編で言ってた「超高層ホテル」って?

特救指令ソルブレイン VOL.3【DVD】

(Visited 270 times, 1 visits today)