特救指令ソルブレイン 第11話 愛と復讐の挽歌

■脚本 増田貴彦

■監督 小笠原猛

■あらすじ

ソルブレインに挑戦状をたたきつけてきた男、それは、玲子の幼なじみであり、かつて、麻薬取締法違反で正木が逮捕した桐生の息子であった。

■ヒトコト

日曜朝8時から、思いっきり麻薬話。

まあ、ストーリーとしては、よくある構図で、正直話が軽い感じがする。

あと、このエピソードが本当だとするならば、玲子がソルブレインに配属される際、自分の目の前で、幼なじみの父親を逮捕した奴が、自分の上司?という感情を、普通なら持つと思うのだが、その辺の割り切りは大丈夫だったのだろうか?と、少々心配になったりもするのだが…。

■ミドコロ

▽真壁三兄弟の長男「俺たちは鉄砲玉じゃねえ、殺し屋だ」とは、ひそかに名言。

そして、その次男を演じるは、BLACK、BLACK RXのスーツアクター、岡元次郎さん!

▽本部長、今にもV3(か、何か)に変身しそうなアクション炸裂!

▽あ、人gy(略)。

▽ソルジャンヌ・今井喜美子さんの、背中で泣く演技。

▽いきなりの電話の呼び出し音で、ちょっとビビる予告編

特救指令ソルブレイン VOL.2【DVD】

(Visited 237 times, 1 visits today)