特救指令ソルブレイン 第5話 怪人がくれた勇気

■脚本 増田貴彦

■監督 小笠原猛

■あらすじ

狼男を見たー。真相の究明に乗り出したソルブレイン。
その裏には、悪質企業の黒い陰謀があった…。

■ヒトコト

落ちこぼれの少年と、“ボンド”こと市川の交流を軸に「学校とは、自分の目標を自分の手でつかむために行く場所」というメッセージをこめたと思われる回。

未来食品開発の契約書、契約期間の日付が

「平成12年1月16日から5月16日まで」

となっており、設定が間違いなく“西暦2000年”であることが分かります。

放送当時としては、はるか未来の日付だったのに、今となってははるか昔…。時は流れていくんですねえ。

■ミドコロ

▽日曜朝8時から、オヤジ狩り…。

▽ボンドこと市川役は、『特捜最前線』にも何度か出演したことのある、石山律夫。

▽未来食品開発の追手は、一部で“史上最も●●な戦隊ヒロイン”とも呼ばれる、「超新星フラッシュマン」のピンクフラッシュ/ルー役、吉田真弓。

やっぱり、こういう役の方が似合う…?

でも、悲しいかな声は可愛い。

あと、劇中では全く出て来ないが、「雑賀由美」という、フルネームの役名が存在。

▽未来食品開発の経営者、九条安彦役は、後の「五星戦隊ダイレンジャー」でザイドスとなる、田村円。やっぱり、この頃から、見事なヘタレっぷり(褒め言葉)が炸裂。

▽本当は「ソリッドステイツ、スタンバイ!!」と言ってるのに、なぜか「発進!!」に変わった本部長。

特救指令ソルブレイン VOL.1 [DVD]

(Visited 133 times, 1 visits today)