今頃…仮面ライダーキバの感想


これを着て、私の弟子になりなさい!!

今頃ですが、「キバ」をまとめてほぼ全話見ました。

もう、感想は出尽くしていると思うので、多くは語りませんが、まあ…まあ面白かったんじゃないですか。

って、本気で言ってないのがバレバレですが。

たまった録画をまとめて見たのは、実は「クウガ」「龍騎」でもやったのですが、なんというか、全話DVD-BOXを持っているのと実質変わらないのに、あまり「高揚感」というのがなく、1日2話ペースを確実に守って見ていました。

「高揚感」があれば、ついつい1日に5話も6話も見てしまうのですが…。そういうことはありませでした。

結局、大半の脚本は井上敏樹氏が書いてたわけですが、まあ、ところどころの展開とか、セリフなどは、上手いと思わせるものがあるのですが、どうしても私の中では「これが特撮ものでなければね」という前提条件がついてしまいます。

もっとも、特撮ドラマだからこそ、井上氏のセンスが生きる、という見方もできるのでしょうが。

というわけで、あまり中身には深くつっこまず、最後まで見て残った素朴な疑問を。

・結局、ゆりさんの没年は?死因は?
映像で、ゆりの墓が出てくるときには、常に「没年」は見えないようにしてあったけど、終わってみれば、その意味はなかったのでは?

・で、恵(と、その弟)の父親は?
少なくとも、音也ではないようだが。音也だとすると、渡と恵も「きょうだい」ということになるけど。
話には直接関係ない一般人ということ?

・母さんの右目がああなったのはなぜ?

・で、渡は誰と結婚したんだ?

渡の息子がイカれているのはなぜ?

・キバットは単体で繁殖するのか?

・名護さんはなんてプロポーズしたのか?やっぱり、「私の妻になりなさい!!」とか言ったのか。

まあ、なんというか、「ダイレンジャーの逆」みたいな最終回でしたな。

では最後に。とりあえず、名護さんは最高でした。
Tシャツプレゼントの告知のとき、イクサの変身ポーズにあわせて「住所、氏名、年齢、電話番号を書いて、ご覧のあて先に応募しなさい」といった挙句、「これを着て、私の弟子になりなさい!!」とは。

最高です。

(Visited 135 times, 1 visits today)