NHK-FM今日は一日SFヒーローざんまい


日曜の午後に、死ね死ね団のテーマを流すNHKは神

たまたま、地上波のテレビでの告知で知った、NHK-FMの壮大な企画、「今日は一日SFヒーローざんまい」。

8月16日、なんと朝の9時から翌日午前1時まで、特撮ヒーロー系の番組や映画の音楽と、その関連のトークや特集をひたすら放送するという、とんでもない内容。

まさに、NHKでしかできない企画です。

普段、ラジオなどほとんど聞かず、後にも先にも、そのたった1回の番組告知しか目にしなかったワタシが、この放送に巡り合うことができたのは、ほとんど奇跡に近いです。

番組開始から終了まで、いったい何曲流れたか、数えてはいません(もたろん、これだけの時間ですから、かなりの数です)。もっとも、流れた曲の7割くらいは、CD等、何らかの形でワタシは持っているのですが、持ってる持ってないより、FMの電波から特撮ソングばっかりが流れるという現実が、嬉しいかつ痛快で、16時間、ほとんどすべて聴いていました。

とはいえ、実は何回か、NHKらしからぬ不手際がありました。要は曲のかけ間違いです。

『電王』主題歌のバージョン違いはともかくとして、「ミラーマンの歌」を流すべきところで「戦えミラーマン!」を、「赤い夕陽のバラバラマン」を流すべきところで『ロボット8ちゃん』のオープニングを流してしまうという、NHKらしからぬミスをしでかしていました(しかも、この2曲は同じ“セッション”で流れたので、ミスがふたつ立て続けに起こったことになります)。

まあ、おそらく、同じCDに収録されていた曲の、単なる出し間違いだったように思います。 

それに、

まさか「戦え!ミラーマン」なんてタイトルのついた曲が、よりによって、あんな曲だとは、普通は思うまい。

ま、ワタシとしては「戦え!ミラーマン」大好きなので、別にいいのですが。

しかし、もっと深刻だったのは、番組終了間際、最後のセッションで『帰ってきたウルトラマン』のM-3・いわゆる“ワンダバ”をかけるべきところに、なぜか『ウルトラマン』の挿入歌「進め!ウルトラマン」が流れてしまうという痛恨のミス。

あけは、なぜああなったのか…。ともかく、時間的余裕はあったので、間違いの後、あわてて“ワンダバ”がかかってました。

とはいえ、特撮音楽だけで、これだけの時間放送するという試みは、初めてだったということですが、おおむね成功でしょう。おそらく今後、第2弾・第3弾と、放送される流れになるように思いますし、それを希望したいです。

あと、番組内のコーナーとして放送された「川内康範の世界」や「伊福部昭音楽特集」は、それのみで単独番組や、映像付で特集番組にしてもいいくらいの内容。これは実によかったです。

特に伊福部さん特集は、直前コーナーでの関智一の暴れっぷりが凄まじかっただけに、いい意味での「落差」が心地よく、なおさら心にしみました。ありがとう、関さん。

ていうか、自分の作ったヒーロー映画の、自分で作詞して自分で歌う主題歌の作曲を、よりによって、渡辺宙明大先生に頼んでしまうとは、いったい何ものですか、アナタ。

それに

マジで作らないでください、宙明さん!!!。

普通にかカッコいい曲じゃないですか。

カッコいいといえば、

超神ネイガーの歌は、めちゃめちゃカッコよかった。。

個人的には、作品自体がマイナーだから無理かなと思っていた『キャプテンパワー』のオープニング曲が聴けたのが嬉しかったです。次回は、エンディングの「フラッシュパック」も聴きたいです。

では、最後に一言

『闘え!!ドラゴン』はSFヒーローに入りますか? 。

(Visited 87 times, 1 visits today)