特捜最前線 第473話 原宿・ハウスマヌカン夢芝居!


【脚本 石松愛弘 監督 北本 弘】

正直、一本目がこれだと先が思いやられますな…。

◆   ◆   ◆

“脚本家・石松愛弘シリーズ”の一本だという、この回。

何と言うか、はじめから最後まで、とことんツマラナイ話でしたな…。まあ、この脚本・監督コンビじゃ、ハナから期待はしてなかったけれど。

見る前に、テロップが出てゲンナリしてしまうというのも考えものである。

とどのつまり、単なる「男の女のゴチャゴチャ話」でしかなく、刑事ドラマとしての面白さは、一切ナシ。

まあ、パターンとしては、一番ツマラナイ部類ですな。

結局、何が言いたかったのか、さっぱり分からない。

高橋ひとみが演じた女の“悪女ぶり”を描きたかったのかどうかは知らないが、この女、悪女というより、ただ単に性格が支離滅裂で、訳が分からないだけ。

だいたい、本当に狡猾な悪女なら、最後のところで、真相が明らかになったことを悟って、姿を消して逃げるのが普通だと思うのだが。

ああいう事態に及んで、しゃあしゃあと店で働いているのが悪女なのか?

犬養が家に来た時点で、もうバレるのは時間の問題だと、頭の良い人間ならば悟るだろう、普通は。

あと、証言者として出てきたサラリーマンにしても、“意外性”をうたうには、あまりにも“とってつけた感”がありすぎる。

どうせ「最後はカネが出てくるかどうか」が決め手なら、いっそのこと“カネ争奪戦”にでもした方が、面白かったのでは…。

とにかく「ツマラナイ」、この一語に尽きる話。

特捜ファンでなければ、おそらく途中でチャンネル変えてるし、頑張って見続けたとしても、もう第3パートあたりで、正直どうでも良くなっていただろう。

残念ながら、その程度の話であった。

そういや、2週連続で犬養主役回だったのか。それもまたどうかと…。

(Visited 75 times, 1 visits today)