仮面ライダーディケイド 第16話 警告:カブト暴走中


やはり、水嶋●ロは出てくれないらしい。
 
◆   ◆   ◆

先週までは“電王特番”でしたが、今週から、通常のディケイドに戻ったようです。

■東京タワーを見て「な〜んかトレンディ〜、ってか〜んじ〜♪」という、夏海さん。

彼女が旅しているのはは「カブトの世界」でしょうか、それとも「死語の世界」でしょうか。

■「残る世界はたったふたつ。この世界で、おまえの旅は終わりを告げるだろう」という、鳴滝。

それはつまり、番組が終わって、アナタの仕事もなくなるということですが、次のアテはありますか。

■ゼクトルーバーに囲まれる人間を助けようとする、士。

しかし、その人間は、ワームが擬態した姿でした。

ガラにもなく、人間を助けようとか思うから、そういうことになるのですよ。

■すると、そこに現れるザビーとガタック。

キャストオフしますが、電子音がありません。

やはり、ガタックについては、あのカッコいい「チェンジ、スタッグビート!!」という声が聞きたかったです。

ていうか、角が下に下がってるとき“おさげ髪の女の子”に見えるのが最高です。

■その後、なぜかアラタをお連れして、自分たちは別の世界から来て、9つの世界を旅しているとか、世界を救うために旅しているとか、そんなことを説明する、夏海さんとユウスケ。

写真館ついでにコーヒーを出しているようなところで説明しても、いまいち真実味がないと思います。

■すると「さっきから思ってたんだけど、士くん、ふたりいませんか」という夏海さん。

すると、確かに士がふたりいますが、夏海さんの反応はかなり薄いです。

おそらく、ふたりではなく、3人か4人になってても、さして反応は変わらないものと思われます。

いったい、普段からどんだけ存在感がないのでしょうか、士。

■どっちがワームの擬態か見抜くため、夏海さんは、双方の秘孔を突きます。

一方はいつものようにバカ笑いしますが、もう一方は、泣き笑いのような反応。こちらがワームの擬態だと推測されます。

ワームが人間に擬態すると、姿だけでなく、性格や記憶も引き継ぐそうですが、どうやら秘孔の位置は、微妙にずれるようです。

■擬態しているワームに「俺になりすますのは10年早い」という、士ですが、アナタに擬態するメリットは、夏海さんに近づけるという以外、特にないように思います。

■ディケイドに変身した士に、自分で自分を殴れるかという擬態ワームですが、あっさり殴られました。

おそらく、鳳凰幻魔拳や、リュムナデスのカーサの術も通用しなさそうな奴ですから、自分を殴ることくらい簡単でしょう。

■擬態していたワーム、「覚えてろー!!」と言った数秒後に、あっさり消されたので、覚えるまでもありませんでした。

■「世の中には、あわてて飲み込んじゃいけないものがふたつある。テレビの言うことと、お正月のおもちだ」という、おでん屋のおばあちゃん。

それ、“スポーツ新聞の見出し”も入れたら、みっつになりますよ。

って、これは『古畑任三郎』のネタですけれど。

■写真館で、マユちゃんの写真を撮りまくる、士一同。

どうでもいいですが、背景は変えませんか。

■「夏海も昔は可愛かった」という光次郎さんにムカついて、秘孔をつく夏海さん。

ですが、光次郎さんは、ちょっと笑っただけで、すぐに元に戻ります。

おそらく、過去に突かれ過ぎて、秘孔そのものが消滅しかかっているのだと思います。

■東京タワー(の絵)をバックに「おばあちゃんがいっていた、真の才能は少ない、そのことに気付くのは、もっと少ない」という、マユちゃん。

ここ、“別格扱い”の電王以外では、はじめてオリジナルの音楽が使われました(多分)。それでこそ金●選曲。

■士は、マユちゃんのおでん屋を宇宙一のおでん屋にすると、手伝いに行ったそうです。

宇宙一のおでん屋を目指すなら、まずは土星のおでん屋で修行をして、ボーゾックに味を認められてからだと思います。

あと、ピンクの手ぬぐいとか、気味悪いのでやめてほしいです。

■自分では自信があったようですが、おでんをあっさりおばあちゃんに捨てられる、士。

もし、本物の天道総司なら、味を認めさせられていたことでしょう。

やはり、水嶋●ロとは、文字通り役者が違うということでしょうか。

■ワーム相手に「虫相手なら、こっちも虫だ」という、ディケイド。

どうするのかと思いきや、ディケイドはクウガに変身します。

クウガファンにしてみれば、いちいち癇に障る奴です。

ていうか、その理屈に従うなら、ブレイドも虫なんですけど。

■「新しい力を試してやる」と言って、電王ソードフォームに変身する、ディケイド。

コールは「アタックライド、オレサンジョー」です。

で、「俺、参上」と、モモタロスのモノ真似をしてみるディケイドですが、周囲はポカーン。

ザビーは「それがどうした?!」と、冷たい反応。

やはり、とことん役者が違うようです。

■すると今度は「アタックライド コタエハキイテナイ」で、ガンフォームに変身するディケイド。

また、サル真似で「答えは聞いてない」というディケイドですが、後方のゼクトルーパーの皆さんに「俺たち、アイツに何か質問されたか?」「いや、何も聞かれてない」と、至極まっとうなことを言われてしまう始末。

あとディケイド、リュウタロスの真似がしたいのか、それともウラタロスの真似がしたいのか、よく分かりません。

あとそれ、“ただ名乗るだけ”のための、アタックライドなのでしょうか。

■あとの2枚は使わずじまいでしたが、

「ボクニツラレテミルゥ〜?」
「ナケルデェ」

と、なぜか妙なアクセント。

ディケイドライバーの声の人も、まさかこんなものを読まされることになるとは、おそらく想像していなかったことでしょう。

■ディケイドとザビー・ガタックが戦っているところに、「クロックアップシステム、まさにお宝だ」と言いながら出てくる、海東。

あ 、あ ん た ま だ い た ん だ 。

■戦いに割り込んでくるディエンド。

「勘違いするなよ カカロット。貴様を倒すのは、これ俺だからな 僕はこの世界のお宝が欲しいだけさ」だ、そうです。

■クロックアップに対抗して、ファイズのアクセルフォームに変身するディケイド。

なんか、はじめて的を得たものに変身した感じです。

■マユちゃんの危機に、クロックアップして現れる、カブト。

どうせなら、もう少し早く来て、卵が割れるのも阻止してほしかったものです。

■映画の宣伝が番組終わりに付いてますが、「電王とディケイドだいすきー」という女の子の“言わされてる感”が、たまらないです。

(Visited 97 times, 1 visits today)