それは省いて良いの?


今日も『ドラゴンボール改』を見てみる。ちなみに、ワタシは大阪で見ているので、東京などから比べると、1週遅れです。

原作のテンポに近づけているのは有り難いのですが、逆にはしょられているようで、気になることがいくつかありました。

手元に原作のコミックが無いので、やや自信がなかったりするのですが、

・ピッコロが悟飯を連れていくと言う時、ワタシの記憶が確かならば、

亀仙人「おぬし、その子を食うつもりじゃろ!!」
ピッコロ「食うか!!」

というやりとりがあったように思うのですが、あったとすれば、それはなし。

・悟空が、蛇の道を「舞空術ー!!」と飛んでいく時に、案内員の「…ずるい…」という一言があったように思うのですが、それもなし。

“オリジナル”のアニメの方に、その場面があったかどうかも不明ですが、いわゆる「ギャグ」の部分なだけに、意図的に省いたのであれば、省かない方が良かったのではないかと。

あと、「しまった!舞空術で余計な体力を…」と悟空が言うところは、アニメで表現するより、マンガで表現した方が、実は面白いということが判明。なんでもかんでも動かせば良いというものでもないんだなぁ。勉強になります。

そういえば、この『改』では、極力オリジナルの声優で再録音をしているわけですが、声質が当時と比べて著しく変化している方と、たいして変わってない方がいますね。

基本的に、人間は歳をとれば声は低くなるわけですが、今回は、ブルマの声質の変化か妙に気になりました。もう、最終回の頃の「これでも、奥様は若いですねって言われるのよ!!
」って言ってた頃のような感じです。

逆に、郷里大輔さんなんかは、まったく変わらないなぁ…。まあ、そもそもの声質が声質ですが。

クリリンの田中真弓さんは、むしろ今くらいの方が、いい感じです。

それにしても、いまだに“菊池サウンドではないドラゴンボール”に馴染みません。

いや、山本健司さんの音楽が悪いと言っているわけではないのですが、何ぶん、昔のドラゴンボールを、最近もアニマックスで良く見ているだけに、「あ、ここで菊池さんの音楽なら、この曲がくるんだけどな」というところで、その曲が流れてこないことで、イマイチ、アニメのテンポに乗れない部分があったりします。

ま、慣れですな。この番組もいつまで続くか分からないし…。

(Visited 21 times, 1 visits today)