侍戦隊シンケンジャー 第九話 虎反抗期


できれば、堂真理子アナに「一筆奏上!」って言ってほしかった。

◆   ◆   ◆

まだ第8話を書いてない状態ですが、とりあえず先に第9話を。

■ブルーは相当強いと言うグリーン。

それを聞いて、ブルーの実力はレッドと五分五分か、あるいはブルーの方が上かもしれないと言うジイ。

それに対し「だからそう言ったじゃん」というグリーン。

言ってません。

アナタは単に「ブルーが強い」と言っただけで、レッドとブルーの比較の話はしてません。

小学生レベルから、国語の勉強をやり直した方が良いのではないでしょうか。

■ブルーの実力を認めながら「しかし、しょせん稽古は稽古」という、ジイ。

それはつまり、よく言う「練習のための練習」という意味ですね。

■オープニングの途中、突然入ってくる「ニチアサキッズ合体スペシャル」の告知。

すんません、マジで放送事故かと思いました。

ところでこれ、クロスネット局での時差放送では、このままでは放送できないと思うので、オープニングをもうひとパターン用意しているものと思われますが、作る方にとっては、結構めんどうな話です。

■ワタシ、普段はビデオに録画した番組を、HDDビデオ特有の「CM飛ばし」で見ているのですが、今日はたまたまリアルタイムで見ていたので、本編間のCMを見ました。

で、一言感想。

プ●マハム、CMに力入れ過ぎです。

■ドウコクは、かつての志葉家当主に、バラバラにされたことがあるそうです。

バラバラにされたところを見ると、やはり正体は泥人形なのでしょうか。

■ヒトミダマは、志葉家の折神・虎折神を飼っている模様。

ウォンタイガーではないようです。

■相変わらず、おみくじ方式で敵の出現を知るシンケンジャー。

「756番!」と、出現場所まで瞬時に特定しています。

ハイテクなのかローテクなのか、よく分からないシステムです。

■木立の中に現れるシンケンジャー。

登場用の布が、こういうところにあると、花見の領地を確保するための手段にも見えます。

■「我こそは三途の川随一の実力者・ヒトミダマだ」という怪人に、「自分で一番とかいう奴に限って、雑魚だけどな」というグリーン。

その言葉、人のことをムカつくとか言う奴に限って、ムカつくという意味で、そっくりそのままアナタに返していいですか。

■すると、そこへ姿を現す、虎折神。

そこらの虎とゴッチャにするな
こちとら天下の気伝獣〜♪

■虎折神は、地割れに挟まっているところを、ヒトミダマに助けられたのだそうです。

地割れから自力で脱出できなかったところを見ると、この折神の実力が、なんだか不安視されます。

■ヒトミダマの術にかかって、あやつられるブルー。

シンケンジャーのメンバーは、ブルーとは戦いにくそうです。

グリーン相手だったら、情け容赦なく戦えたのに残念。

それとヒトミダマ、楯を出すと、『ジャイアントロボ』に出てきた“ガンモンス”みたいです。

■ひとまず逃げかえるシンケンジャーの面々。

グリーン・ピンク・イエローが負傷して、黒子さんの肩を借りていますが、グリーンに肩を貸す羽目になった黒子さんは「何でオレだけ」と思っているに違いありません。

■ヒトミダマによると「絶対やらぬことをやらせてこそ、操りの醍醐味」なのだそうです。

それ、そっくりそのまま「モノマネの醍醐味」とも言えそうです。

■腑破十臓の刀の名前は“裏正”だそうです。

その刀、刃のない方がガタガタ加工になっています。野菜を切った時に、切ったものが引っ付かないためでしょうか。

あと、人間体になりましたが、髪型とかから、どうしても“ヘビフェノク”を思い出してしまいます。

せめて、髪型くらい変えて、キャラクターを変えた方が良かったのではないでしょうか。

坊主とか。

■操られたブルーと戦うレッド。

「やめろー!!」というグリーンに「やかましい!!」と爆撃を加えるヒトミダマ。

全くです。

■そこへ現れる男に「何、アンタ?」というグリーン。

オルフェノクですよ。

■海堂、いや十臓によると、ブルーの剣は、ゴミひとつ落ちていない道場で一本をとるには最適なのだそうです。

道場にゴミひとつ落ちていないのは、黒子さんのおかげです。

■しかし、レッドは「反」のモヂカラをブルーに打ち込んで、ブルーを元に戻します。

元に戻ったら戻ったで若干うざいので、このままの方がある意味よかった気がしなくもありません。

■レッドは、アヤカシは4人に任せると言って、自分は折神に乗り、虎折神を味方につけようとします。

というわけで、4人でヒトミダマに対するシンケンジャー。

「ジャパン、ペンタフォースだ!!」

で、結局レッド抜きの4人攻撃の前に敗れるヒトミダマ。どうやら、人や虎を操る以外、特にたいした能力は持っていなかったようです。

「弟よ、兄の仇を討てー!!」

■巨大化したものの、地割れに挟まるヒトミダマ。

虎折神に対し「貴様、助けた恩を忘れたかー!?」と言ってますが、犬ならともかく、虎に言っても無駄だと思います。

ウォンタイガー、武人変化!!

■虎折神は、シンケンオーと合体、トラシンケンオーになります。

が、トラシンケンオー、ドリルが後についているため、ものごっついバランスが悪く、重量が後ろに偏ってます。

おそらく、背後からヒザを攻撃されたら、ひとたまりもなく後ろ側にひっくり返るものと思われます。

■で、「トラドリル攻撃!!」を仕掛けるトラシンケンオー。

ただ、おじぎして無理な体勢で背後のドリルで攻撃するより、ドリル部分を手に持って、前向きに攻撃した方が、明らかに賢明です。

なぜ、こんな極めて不自然な体勢で戦わなきゃならんのかと言うと、おそらくバ●ダイの陰謀です。

■レッドと戦ったことで、また荒れ気味のブルー。

それとも、弱ったら、またピンクが相手をしてくれるかもしれないので、弱った振りをしているのでしょうか。

そのブルーに対し、自分も勝手にお前の命を懸けの対象にしたとして、謝罪するレッド。

その後、「もうこの話は終わりだ、二度とするな」と言ってます。

一見カッコいいようですが、この件に関して、他のメンバーからツッコミが入るを自ら回避してもいるわけで、ある意味かなり自分勝手でもあります。

あと、一見ヘコヘコしているブルーに限って、実は心の奥底でレッドに対する“闇の部分”があるかもしれないので、敵さんとしては、そこを増幅してあげれば、またブルーを操れると思います。

って、それじゃまるっきりボ●ケンジャーか。

■シンケンジャーのキーワードは「トラ」だそうです。

「君もハガキに一筆奏上」と言ってますが、本当に筆なんか持ち出されたら、お母さん大弱りです。

(Visited 58 times, 1 visits today)