ミラーマン 4枚目 コバルト60の恐怖


【マルチ登場】

着ぐるみは“マルチ”にできなかったらしい。

◆   ◆   ◆

■コバルト60も恐怖ですが、サブタイトル後、いきなりドアップで映る安田さんの顔も恐怖です。

■鏡京太郎と弓矢の勝負をして、的を大きく外す御手洗先生。

その外れた矢を持って「誰です、こんなイタズラをするのは」と言いながら現れる、野村さん。

ということは、一歩間違えば、矢が野村さんを直撃していたかもしれないということです。なんたることですか。笑い事ではありません。

しかし、その野村さん「あ、先生、未確認飛行物体をキャッチしたようです」と、御手洗先生に言っています。

そんな大事なことを、 なんて、今思い出したように言わないで頂きたいものです。まあ、野村さんなので許しますが。

■鏡京太郎の同僚の人、サングラスまでしているし、完全に悪人面ですが、どうやらインベーターではなかったようです。

■実は正体はインベーダーであるものの、人間を車で轢いておいて、逃げおおせようとする男。こういう奴は地球のゴミなので、どんどん死んでほしいです。

■SGM、相変わらず地味なご出勤です。

■鏡京太郎を襲うインベーダー。

インベーダーは、複数に分身して、さらに鏡京太郎を襲います。

さすが、正体が「マルチ」なだけのことはあります。

■ひき逃げのことが気になって、警察に電話しようとする、まっとうな心を持った女性。

しかし、それをゴミ男が止め、「俺をひき逃げ犯にしようというのか」などと抜かします。

すんません、しようじゃなくて、すでにもうなってます。

■新聞社のデスクが、鏡京太郎あてに、直接SGMに電話してきています。

ということは、京太郎がSGMに出入りしていることを、デスクも承認しているということになります。

まあ、鏡京太郎は正社員ではないようなので、その辺の出入りは自由なのだとは思いますが。

■女性にコバルト60を持ってこさせ、それを奪うインベーダー。

そのインベーダーを追う京太郎に、またしてもインベーダーが、分身して襲いかかります。やはり「マルチ」です。

■巨大化して、怪獣マルチの姿になる、インベーダー。

なぜか キョンシー飛び

■鏡京太郎はミラーマンに変身、マルチと戦います。

そのマルチ、さきほどまでの華麗な分身攻撃は鳴りを潜め、ミラーマンに苦戦です。

どうやら、予算の都合で、怪獣の姿では分身できないようです。

■すると今度は、ミラーマンが飛び上がって、何やら分身攻撃を見せようとしている模様。

「アーマーゾーーーン!!」

■マルチの前から姿を消したミラーマン。すると、どこからともなくミラーマンが姿を現し、マルチを押し倒します。

まあ、体のいい不意打ちです。

果たして正義のヒーローがとっていい戦法かどうかは、判断の難しいところです。

■マルチはミラーマンによって倒されました。

女性に対し「のぶちゃん、良かったな、みんなもう済んだんだ、心配しなくてもいいんだぜ」と、しゃあしやあとぬかしやがる、ゴミ男。

それに対し「さよなら」と、指輪をゴミ男に突き返して、去っていく女性。

なんて清々しいラストなのでしょう。

ナレーションでは「インベーダーの暗躍の影で、悲しい別れをした二人がいた」と言ってますが、結婚する前にゴミ男の本性が分かったので、女性はむしろ、インベーダーに感謝するべきだと思います。

あと、繰り返しになりますが、こういうゴミ男は、どんどん消えてもらって良いです。

というわけで、この回のサブタイトルは「コバルト60の恐怖」より、「心が醜い人間の恐怖」のほうが、ふさわしい気がします。

(Visited 133 times, 1 visits today)