仮面ライダーディケイド 第5話 かみつき王の資格


で、結局何しに来たんだ、部長さん。

◆   ◆   ◆

「君の力はその程度…ということでいいのかな」というカイザに対し「どうかな」というディケイド。

天幻星ゴーストランナー!

「アタックライド イリュージョン」という分身の技を使うディケイド。

ほかにも類似技はいろいろあると思いますが、とりあえずこれしか思い浮かばなかったので。

そういや「トリックベント」ってのがありましたね。

■主題歌、相変わらず歌詞の1割5分くらいは聞き取れないので、歌詞の字幕が欲しいところです。

特に、最後の「目撃せよ なんたらかんたらで〜」のところは、何て言ってるのか、さっぱり分かりません。

対象もハッキリさせずに、何を目撃せよというのでしょうか。

■新しい王になったという、ビートルファンガイア。

人間を滅ぼすのは勝手ですが、ある程度の数は、人間を確保する手だても考えておかないと、ゆくゆくは自分たちも滅びることになりますが、それでもいいのでしょうか。

まあ、そこまでのことを考える頭脳を持ち合わせていないのであれば、仕方がないですが。

■相変わらず、クウガに変身するユウスケですが、変身してからの所作が、真司くんが龍騎に変身してミラーワールドに飛び込む時の「よっしゃ!」というのに似てました。

■クウガに変身したユウスケ、結局あの後、たいした健闘もできずにボコられたようですが、クウガのくせにライジングフォームにすらなれないのでしょうか。

■ユウスケのライフエナジーを吸おうとする、ワタル。

まあ、そうしてくれれば、今後一切にせクウガを見なくて済むので別にかま…あ、いや何でもありません。

■相変わらず、ファンガイアたちに全く太刀打ちできない様子のクウガ。

ビートルファンガイアは、ゴ・ガドル・バより強いとも思えないので、アメイジングマイティにでもなれば、全員まとめてカタをつけられると思うのですが、それにもなれないのでしょうか。

まあ、ライジングにすらなれないのなら、無理ですね。

■ビートルファンガイアに、全員吸い取られるキバのお付きたち。

キバファン的に納得できる展開なのかどうかは分かりませんが、キバに対して何の思い入れもないワタシ的には、別に何でもいいです。

■ディケイドの攻撃。

ロイヤルストレートフラッシュ!!

「ファイナル アタックライド ディケイド 」だそうです。

どうせなら、キングフォームのブレイドと、一度対決して欲しいものです。

■ドガバキフォームのキバを見て、「あいつの姿を見ろ、お前の側近を全て取り込んだ」と、さも珍しいものでも見たように、ワタルくんに言うユウスケ。

まあ、ただのてんこもりフォームですけどね。

■キバの背中に何だか細工して、キバを“キバットアロー”なる武器に変形させる、ディケイド。

ワタシはキバに思い入れはないので別段かまいませんが、それぞれの作品にはそれぞれのファンがいるわけで、その作品の主役ライダーたちが、こういう、ほとんど“物”のようなゾンザイな扱いをうけることに、ファンのみなさんはどういう感想を持つのでしょうか。

特に、劇場版ではすでに共演しているようですが、いまだに新作が作り続けられている『電王』をどのような扱いにするつもりなのか、ちょっとと見物です。

本来のディケイドの趣旨からすると、この時点で電王も“過去の作品”にしておく必要があったはずなのですが。

おそらく、まだ電王は人気があるから、その間に稼いでしまおうという、東映の商業至上主義から、電王の新作がつくられているのでしょう。

それ自体は別に悪いとも思いませんが、『ディケイド』の制作上は、間違いなくマイナス要因です。

あと、こういう技こそ、ペガサスフォームになったクウガに打たせてやれば良いと思うのですが。

■ドラグレッダーが出てきたので、来週からは『龍騎』のようです。

もっとも一瞬、普通に 龍星王 かと思いましたが。

(Visited 59 times, 1 visits today)