仮面ライダーディケイド 第3話 超絶


どうやら、カイザは“本物”らしい

◆   ◆   ◆

不覚にも体調を崩してしまい、まる1週間ぶりの更新となりました。

で…

もう、あまりにも展開がしょうもなさすぎるので、通常のレビュー形式ではなく、ただの感想として片づけさせて頂きます。

どうやら、クウガの世界を舞台にするのは、とりあえずこれで終わりのようですが、何と言うか、ただ単に『クウガ』の世界をかきまわしただけ、もしくは“オリジナルの価値を著しく下げた”としか言いようのない感じでしたな。

「煙を吸ったら、みんな怪人になる」とか、素人がテキトーに作ったような展開が、あまりにもいい加減過ぎて、逆に笑えます。

後半は、大量の怪人対ふたりの仮面ライダーという、大はしゃぎの戦闘が展開されますが、そこのまで展開がまったくなってないので、何の高揚感もカタルシスもありません。

まあ、「惚れた女に誉めて欲しいから戦う、それじゃあ、俺は感動しない」というセリフについてだけは、

全くの同感です。

だいたい、こんな個人的なことでしか戦えない、甘っちょろい奴がクウガに変身する事自体、オリジナルに対して失礼です。

ただ、「お前たちの話がつまらない」のは、この作品の企画自体のせいであって、オリジナルのせいではありません。

あと地獄兄弟も、ただの顔見せというか、お遊びみたいな登場だし。

バックに、デルタともうひとりのキャラクター(多分、龍騎系のライダー 目の辺りはガイっぽかったが、それにしては肩の角がなかったので違うか?)が出てきていたが、あれもかなりお遊びっぽいので、あまり意味が無さそう。

で、来週からは『キバ』の世界らしい。

まあ、キバに関しては、もともとどうでもいいので、好きなようにかきまわして頂いて結構ですけれども。

とりあえず、予告のカイザの声は、本物の草加雅人の声のようだったので、それだけが楽しみかな。

(Visited 37 times, 2 visits today)