仮面ライダーディケイド 第1話 ライダー大戦


やはり、オ●ギリジョーは出てくれないらしい。

◆   ◆   ◆

な  ん  だ  こ  れ 。

新番組『仮面ライダーディケイド』。

いやー、想像以上に酷い。去年の『キバ』も酷かったけど、それ以上、いやそれ以下ですな。

いちおう、“テレ朝平成仮面ライダーシリーズ10周年作品”という意味合いがあるのでしょうが、記念作品というよりは、愚弄作品 のように思えます。

とりあえず、

中身が無いな。

これ、今までの作品を世界を作り上げた人たちや、それぞれの作品のファンに対して、その神経を逆撫でする、大変に失礼な作品になりはしないでしょうか。

ワタシには子供はいませんが、もしワタシが特撮好きの子供を持つ親だったとしたら、こんな作品、親としてではなく、“いち特撮ファン”として、恥ずかしくて、とても自分の子供には見せられません。まあ、見てる子供が楽しけりゃそれでいいのかもしれませんが。

あと、「ティケイド」のアクセントは、やはり“ディケイド”(赤字にアクセント)のようですが、英語では

decade (10年間、10年目)
decayed (腐った、ダメになった)

というアクセントなので、本来の“decade”という意味を示したければ、“ディケイド”でなければならないと思うのですが。

まあ、どのみち“a decayed rider”になるのなら、別に構いませんが。

■先週まで主役だった渡くんが出てきます。

それはいいのですが、今回の主役と渡くん、基本的な顔の構造が似ているので、初めて見る人は、人物の区別がつかない可能性があります。

今回の渡くんの役目は、別に渡くんでなければならないわけではないので、もう少し顔の構造が違う主役役者を呼んだほうが良かったのではないでしょうか。

まあ、声をかけても出てくれるかどうかは別問題ですが。

おそらく、今回渡くんが出てきたのは、ただ単に直近主役だったので声をかけやすかったという、ただそれだけの理由でしょう。

■「俺はクレジットカードは作らない主義だ」という、門矢氏。

おそらく、作らないのではなく 作れない のだと思います。

■出てくる敵に合わせて、カブトになったりファイズになったり響鬼になったりするディケイド。

ですが、これって知ってる人は良いですが、この作品から初めてシリーズを見始めた人は、完全に置いてけぼりです。

■“クウガの世界”ということで、未確認生命体が出てきてます。

未確認生命体第47号 ラ・ドルド・グらしき怪人が出てきてますが、この怪人が積極的に人間を襲うというのはおかしいです。

本来“ラ”とつく怪人は、ゲームを実行するのではなく、いわばゲームの“審判役”のような存在だったと思いますが。

どうやら『ディケイド』に関しては、そのような設定は一切無視のようです。

こういう、世界が混じっている作品を作る場合、変えていい設定と、絶対に保持すべき設定というのがあると思うのですが。

どうやら、今のスタッフは、そういうことが全く分かっていないようです。

■あと、本編自体には全く関係のないことですが、我々くらいの世代では、非常に評判の悪い、しかしながら現在に至るまで、このシリーズで仕事をしている、選曲担当者の某氏が、今作品も携わっているようです。

そうならば、なんせ“過去作品の音楽流用大好き”の某氏ですから、出てくる怪人やライダーに合わせて、過去のオリジナル音楽を、バリバリ流用すれば良いと思います。まさに、某氏の本領発揮です。

本来、ワタシはそういう選曲は嫌いで、『ウインスペクター』でのメタルダー音楽の無神経な大量流用、また『ソルブレイン』でのセンスの悪さなどで、作品自体は好きなのに、選曲で台無しにされたという感を持ってます。

しかし、今回の『ディケイド』のように、作品自体がどうでも良ければ、選曲が少々アレでも別にどうでもいいので、遠慮せずにバリバリ流用してくれれば良いと思います。

にしても、あの安っぽい五代雄介(?)は、ちょっと勘弁して欲しいです。

あ、CSが試聴可能な方は、2月から東映チャンネルで“本物のクウガ”のシリーズが放送開始になりますので、そちらをご覧になったほうが良いと思います。決してワタシは東映チャンネルの回し者ではありませんが。

(Visited 86 times, 1 visits today)