特捜最前線 第454話 フラッシュバック!通り魔を殺した女

【脚本 山田隆司 監督 辻 理】

所轄所刑事の後ろに、暴魂チューボの姿を見た!!

◆   ◆   ◆

かつて覚せい剤を使用していた男が、本当に“フラッシュバック”を起こしたかどうかを巡る事件の話。

まあ、一言で片づけると、つまらない話。

話をつまらなくした要素はいろいろある。

今回、叶が特命課に来る前から“おふくろ”と慕っていたという、食堂を経営する女性が登場する。

他の刑事ドラマに比べ、レギュラー刑事のインサイドストーリーが、多い「特捜」において、『掌紋300202』が、事実上唯一の身内話である叶。

その叶をして「おふくろの一言で、その後の刑事人生が決まった」と言わしめるほどの女性らしい。

…で、あるならば、もっと叶との関係をキッチリと描かないと、話の中で、その関係が生きない。特に、サブタイトルの前以降、しばらく出番がなく、ほとんど出てきていたことを忘れた頃に再登場するというのは、シナリオの構成も悪く、いただけない。

そのため、ラストシーンで、自殺しようとしていた“おふくろ”を説得する叶の姿が、イマイチ真に迫らない感じがして、非常に残念。

それに、“おふくろ”が本当に「自分の娘を刺し殺した男を、はじめから殺す気満々であった」のであれば、実の親子であったという真実が明らかになった直後に、“おふくろ”本人が、娘を殺した男をザックリ殺って、その光景に、ショックで呆然とする叶、という展開の方が、良かったのではないか。

って、そうなると、ほとんど『撃つ女』の焼き直し臭くなるが…。

ともかく、“フラッシュバックを起こしたように見せ、殺人を正当防衛のように偽装する”という手も、手が込んでいるように見えて、実はあまり面白くないし、なにより“娘を殺した犯人を母親が憎んでいた”という心情が、全く伝わらない。

つまり、あまりにも“余計な人間”が関わったことにより、肝心のテーマがブレてしまっているのである。

こう考えてみると、まるで本編45分持たせるために、まわりくどい手を使ったようにしか見えない。脚本家の技量ということもあると思うが、こういうテーマの場合、もっと直球勝負の方が良かったのではないかと思う。

それに加え、今回の神代課長は、叶に対して甘過ぎて、キャラクターが違っている。

叶が慕う女性が事件に関わっていることを知り、叶に捜査から外れるように命令する神代だが、それは逆だろう。

捜査を続けることを逡巡する叶に対し、捜査に加わるように厳しく言うのが、本来の神代課長ではないのか。

となると、もちろん、叶を逮捕に向かわせないのも、キャラとして違っている。いつもの神代課長なら「お前が手錠をかけるんだ」というくらいの非情さを見せるはず。

こういう“キャラのぶれ”というのは、多数のライターが書く連続ドラマの場合はつきものであり、避けられないのだが、これほどキャラが違っている場合は、脚本読みの段階で気がついて欲しいものである。

それと、見終わって思うのだが、最初の方に出てきた、「覚せい剤中毒者のために、奥さんが重傷を負わされた」という、中毒者を“カス人間”と言い放つ所轄所刑事が、もっと話に関わったら、また違う話になって、むしろ面白くなったのでは…?

(実際、関わるのかと思っていたのだが、1シーンだけの登場だった)

この回、レッドマフラー隊隊長の原口剛、特撮ドラマの声優として有名な依田英助、『仮面ライダーZO』の“ヒロシのおじいちゃん”の犬塚弘の各氏が出演。いつにもまして、特撮最前線の様相を呈している。

(Visited 134 times, 1 visits today)