宇宙刑事シャイダー 第9話 青ガキ隊大キライ


【ジャッ●ー電撃隊が登場する事態は避けたいものだ】

◆   ◆   ◆

さあ、ぼくらのアイドル・青ガキ隊の登場ですよ。

■圧倒的人気を誇るという、青ガキ隊の『なんだなんだブギ』。

なんだなんだブギ なんだブギ(イエー)
なんだなんだブギ なんだブギ
親がなんだ なんだなんだ
学校がなんだ 先生がなんだ

なんだなんだと文句を言うな(うるせえんだよー)
なんだなんだと飛びたいだけさ

なんだなんだと蹴散らし
なんだなんだと踊ろう

なんだブギ なんだブギ
なんだなんだなんだ ブギウギ

(聞き取り:あさみや紫苑)

という歌です。

これって、劇中歌ですが、まだCD化されていないのでしょうか。『陽気なアコちゃん』がCD化されたくらいですから、されててもおかしくないですけど。

で、青ガキ隊ですが、あれですか、今で言うところの“羞恥心”みたいなもんですか。

もっとも、これを書いているのが2008年の11月なので、羞恥心がいつまで生き残っているかは分かりませんが。

■学校では、授業中に『なんだなんだブギ』を聞いていた女生徒が、先生に見つかって怒られています。

この時代なので当然ですが、今や懐かしい“カセットテープ”のヘッドフォンステレオです。

今なら、デジタルオーディオプレーヤーなので、ポケットとか隠し放題です。

■なんだなんだブギを歌う、小次郎さんと愉快な仲間たち。

それはいいのですが、小次郎さんの後ろに見える“レストラン ナポレオン”という看板が、とっても気になります。

ていうか、入り口で騒げるくらい、この店ヒマですか。

■「当分、テレビはいけません」と、命令を下す、神官ポー。

これだけの実績があれば、いつフーマをやめても、音楽プロデューサーとして食っていけそうです、この人。

そこへやってくる沢村大。

「何者だ?!」
「フーマの神官ポー」

どうやら、これが初遭遇のようです。

すると、今にもスペードの人やハートの人が名乗りを上げそうな音楽を演奏しながら、不思議獣タムタムが現れますが、ひとしきり演奏がすむと、気がすんだのか、さっさといなくなります。

何しに出てきましたか、この太鼓野郎。

■テレビ局では、ギャル2がスタッフに化け、教育評論家の滝沢先生を、偽のスタジオに連れています。

そこへ滝沢先生が入ると、不思議獣タムタムが表れ、滝沢先生に術をかけます。

ものごっついアクロバティックな催眠術のかけられ方です。

■始まったテレビ番組『奥さまのワイドショー』。

どうやら、女性司会者は青ガキ隊を良く思っていないらしく、なんとか否定的なコメントを、滝沢さんから引き出そうと画策している模様。

女性司会者が、テープを取り上げた教師が、逆に生徒から暴行を受けたという事例を引き合いに出すと、

「困った問題ですね」
「この歌詞、親がなんだ、学校がなんだ、先生がなんだ…!」

という、滝沢先生。

それを聞いて「煽ってますよね」と女性司会者が言うと、

「極めて反社会的、極めて反道徳的です。こんな歌を純真な子供たちに聴かせてごらんなさい、日本の将来は真っ暗です」

と、女性司会者の狙い通りのコメントを発する滝沢先生。

その番組を見ていて「まったくその通り」というのは、ケイコちゃんのお母さん。

これて、青ガキ隊を良く思っていない、女性司会者の思うツボです。どうやら、煽っているのは歌詞ではなく、この女性司会者です。

あと、別になんだなんだブギを聴かせようが聴かせまいが、もともと、この国の将来は真っ暗です。

ていうか、ケイコちゃんのお母さん、何気に美人妻です。

■で、ケイコちゃんのテープを引き出して聴けないようにするという行動に出るお母さん。懐かしい行為です。今ではできませんからね。

もっとも、デジタルプレーヤーなら、水に落とすとか、踏みつぶすとかで一発かもしれませんが。

さらに、“青がき隊のなんだなんだブギは発売中止になりました”と貼り紙をするレコード店や、「職員会議で決まった」と、生徒のテープを取り上げる教師。

どんだけテレビに影響されますか、この世界。

やっぱり、この国の将来は真っ暗です。

■どこの馬の骨かも分からない宇宙刑事を名乗る若造に、懇切丁寧に状況を説明してくれる、滝沢先生。

滝沢先生いわく「私は青ガキ隊のファンなんです」だそうです。

ということは、もし正常な状態で滝沢先生が番組に臨んだなら、なんとか青ガキ隊を排斥しようとする女性司会者とは、真っ向から対立するわけです。

滝沢先生と女性司会者のガチバトルトーク、ぜひ見てみたかったです。

■「青ガキ隊のコンサートを見にきませんか?」と、車で宣伝するギャル軍団。

青ガキ隊なんかより、ギャル2・ギャル4・ギャル5でユニットを組んでデビューしたら良いと思います。

選んであげられなくてゴメンネ、ギャル1、ギャル3。

■宣伝バスに乗り込んだ沢村大とアニーですが、よく分からない空間で待ち構えられた挙げ句、外に出ます。

その際、どさくさまぎれにアニーのケツを触ろうとした沢村大ですが、直前で良心がはたらいたようです。

■あの出で立ちで「なんだなんだ作戦は見事成功しました」と、笑顔で言うヘスラー指揮官。

すんません、笑い死に寸前です。

それにしても、一度テレビで攻撃するのも作戦のうちとは、やはりフーマ恐るべしです。

■本物の青ガキ隊と入れ替わった、偽の青ガキ隊のコンサート。

しかし、電源が落ちたため、「誰だー!!出てこい!!」と言いながら出てくる、ヘスラー指揮官とギャル軍団。

それを見てギャーギャー騒ぎだす、青ガキ隊のファンども。

そこらへんのヒーローショーですか。

■偽の青ガキ隊は、タムタム・ノッソリ・ガーキでした。

沢村大は焼結。作曲した田中公平氏が全コーラスを担当したという『シャイダー・ブルー』が初使用です。

■不思議時空、タムタムは、相変わらずダイヤの人やクローバーの人が今にも名乗りを上げそうな音楽を演奏しますが、シャイダーに倒されました。今回は、久しぶりに“シャイダーのレーザーブレードのテーマ”が流れました。

■アニーは「私はなっくんが良いな〜、可愛いもん♪」だそうです。そんなことをアニーに言われる幸せ者のなっくんとやらは、これから私が殴りに行きます。

ちなみに、ですが、「特捜最前線」の超名作『掌紋300202!』と、『青ガキ隊大キライ』の監督が、同じ田中秀夫さんだと思うと、ちょっと笑えます。

『シャイダー』のレビュー、ひとりでは作品の数をこなすのに限界があるため、もしかしたら、この回を最後にお休みするかもしれません。

とりあえず、この回だけはどうしても書きたかったので。

(Visited 601 times, 1 visits today)