特捜最前線 第439話 愛を撃つ女・暴かれた裏切りのレイプ!


【脚本 宮下隼一 監督 天野利彦】

「あのー、誰かお忘れじゃありませんか?」

◆   ◆   ◆

前回より明確に、犬養主役編。

まあ、話自体は正直たいしたことないんだけどな。

相変わらず、話作りが強引な宮下脚本を、天野監督の技量で強引に絵にしたという印象。

まあ、奥さんも言ってたように、本当に真相が「くだらない」ので、話としてはイマイチ。

どうせなら、最上のダンナは始めから山崎とかいうヤツを殺すつもりで、そのために、計画的に奥さんを巻き込んだとかいうんだったら、もっと悪辣になって良かったかもしれない。

あと、軍司とかいうヤツとか、その女とか、別にいてもいなくても話は作れた感じだし、あまり意味がないキャラ。

加えて、せっかくタクシーというアイテムを出したのなら、これをもう少し活かすべきだったのではないか。

というわけで、無駄を省けば30分で解決するようなレベルの事件でありましたな。

(Visited 66 times, 1 visits today)