スペクトルマン 第48話 ボビーよ 怪獣になるな!!


【犬怪獣(ボビー)登場】

すんません、因数分解って何でしたっけ…。

◆   ◆   ◆

この前後編は『アルジャーノンに花束を』という小説が下敷きになっている事を、後で知った。

割と有名な小説で、日本でドラマ化もされているらしい。

今回、レビューを書くにあたり、その原作小説を読むべきか読まざるべきか迷った。

しかし、原作を読んでしまうと、どうしても“比較”になってしまいがちだし、あくまでも“スペクトルマン #48・49のレビュー”を書きたかったので、あえて今回、原作は読んでいない事を、お断りしておく。

そば屋に勤める三吉くんは、天才になれるという脳の手術を受け、大学の医学過程を3ヶ月で修めるほどの天才となった。

しかし、三吉くんの前に同じ手術を受け、中学生並みの頭脳を持ち、三吉くんの友達であった犬のボビーが、凶暴化して怪獣化。

その手術には、ゴリの陰謀が一枚かんでいたのだ。

蒲生譲二はスペクトルマンとなり、犬怪獣を倒すが、同じ手術を受けた自分も、もしかしたら怪獣になるのだろうか…と、三吉くんが不安をめぐらせるところで終わり。

シリーズ後半になって、明快なヒーロー物の図式が多くなってきた『スペクトルマン』にあって、かなり異色な前後編。

むしろ、初期に見られたハード路線が復活したという見方もできるか。

頭が悪い事をコンプレックスに持っていて、天才になる手術を受ける事を志願する三吉くん。

「俺、賢くなりたいんだ」「俺、もうバカは死ななきゃ治らないなんて、いわれたくないんだ」といって、手術に望んだ三吉くん。

そして、その手には母親の写真が。お母さんは、もう死んでいるらしい。

母親の写真に「かあちゃん、墓の中から見ていてくれよな」という三吉くん。三吉くんのお母さんは、病気で死んだのだろうか。だからこそ、天才になって医学部に進み、人を助ける研究をしたいと望んだのであろうか。

三吉くんの心の優しさが表れている描写の数々が、心を打つ。だからこそ、これから始まる悲劇が、なおいっそう、心に迫るのである。

ところで、この回のサブタイトルテロップは黒色なのだが、バックと同化して、とっても見にくい…。

(Visited 354 times, 1 visits today)