スペクトルマン 第44話 宇宙の通り魔 キュドラー星人


スペクトルマンには、熱い真っ黄色の血が流れているのだ!!

★   ★   ★

宇宙の通り魔・キュドラー星人を追って地球にやって来た宇宙Gメン・パル遊星人に代わって、スペクトルマンがキュドラー星人と戦う話。

話のしょっぱなに“タイアップ先”のテロップが出る。この方式は、後の『快傑ライオン丸』でも踏襲される。

蒲生譲二、ケーキを食うために、なぜかわざわざ着替える。

しかも、箸。

そして、満腹になったところで現れる、パル遊星人。パル遊星人は、蒲生譲二が食いさしのケーキを蒲生譲二に投げ、ケーキは見事、譲二の顔に命中。

って、

ドリフのコントか。

その後、女を追って立ち寄った家で「水を一杯いただけませんか」という、蒲生譲二。

そういや、ケーキ食うのに水の一杯も飲んでなかったな、この男。

それにしても、「宇宙を旅していたら、たまたま地球が目についたのでやってきた」というゴリといい、宇宙の通り魔だという、このキュドラー星人といい、宇宙って、牧歌的というか呑気な奴らが多いんだなぁ。

そのゴリとラー、この回は全く出番無し。キュドラー星人の声は、加藤精三さんのと推定。

(Visited 236 times, 1 visits today)