宇宙猿人ゴリ 第4話 ラー 地球人をさぐる

【ゼロン登場】

「ラー 地球人をまさぐる」ではないので、くれぐれもお間違えのないように。

◆   ◆   ◆

先週の続き。結局ゼロンはシカトして、ラーにさらわれた理恵さんを助けに向かうスペクトルマン。

まあ、男としては正しい選択だ。

そして、第4話にしてはじめて、巨大化したスペクトルマンと、人の入った着ぐるみタイプの怪獣・ゼロンとの戦いが展開される。

しかし、ゼロンはあっさり粉砕され、その後は、地球人を探れというゴリの命令があったとはいえ、ラーが服を来て街へ繰り出すという、よく分からない展開がメインとなる。

(東京のことは詳しくないのだが)どっかの横断歩道を、あの格好で堂々と歩行するラー。

「俺のことを誰も気にしない」と言ってるが、ロングで抜いたとこの通行人は、けっこう気にしてたぞ。

そのラーだが、「なにしろ俺はスペクトルマンだからな」と、ギャグで言った人をブッ殺したり、酒に酔っておでん屋を襲撃したりと、すこぶる迷惑。

しかし、ギャルに囲まれたディスコでは、尻尾を巻いて逃げていったな。あのあたりが弱点かも。

ラスト、ゴリに分析用として捕まっていた人間たちが、猿人になってスペクトルマンを攻撃。最後は人間に戻る。

が、音楽で誤摩化しているが、あれはただ“人間に戻った”のではなく、スペクトルマンが人間をブッ殺したのでは…。

そのスペクトルマンというか蒲生譲二、理恵さんに対して、惑星Eやら何やらのことについて、よくもまあベラベラベラベラと…。

これも重罪に値しませんか、ネビュラさん?

(Visited 154 times, 1 visits today)