宇宙猿人ゴリ 第14話 へドロン大逆襲〈後編〉


【ネオへドロン登場】

火事場のスーパーパワー!!

◆   ◆   ◆

ぼくらのヒーロー・蒲生譲二が、

路駐してあった車をパクった挙げ句に炎上させたり、

クソカップルのバイクをパクったり、

(いつの間にかどこからかサングラスをパクったり)、

しまいにはセスナ機をパクって大空のランデブーを楽しんだり

…と、悪行の限りを尽くす話…、ではなく。

(ちなみに、蒲生譲二はセスナ機から飛び降りているので、無人になったセスナ機は、どっかに墜落して大破、または炎上。何の罪もなかった人が、そのとばっちりを受けている可能性大)

スペクトルマンと戦い敗れるネオへドロン(劇中ではよく分からないが、どうやら電気に弱かったらしい)。

それについて「怪獣はまた作れば良い、また作れば良いのだ!!」という、ゴリ。

いかに怪獣といえども生命体であるわけで、自らの作り出した生命を道具としか考えていないところが、ゴリが悪人たる所以なのだろう。

ちなみに、この第14話の放送日、その前日には『帰ってきたウルトラマン』が、そして、第14話の放送直後には『仮面ライダー』が放送開始。

いよいよ“第2次怪獣ブーム”が、本格的に幕を開けることとなるのである。

(Visited 60 times, 1 visits today)