ゲキレンジャー 劇場版 ネイネイホウホウ 香港大決戦


【どうがんばっても小野真弓にかつての勢いが感じられなく見えるんですけど】

■そういや、この頃はまだゲキレンジャー3人でしたね。

3人が良いのか5人が良いのかの是非は置いておくとして、少なくとも、後で二人増えるとしても、その増える二人が、実際に登場したあの二人である必要は全く無いので、その点、3人の方が落ちついて見られます。

■中国語(?)で痛がる小野真弓に、「何しゃべってんだ、分かる言葉で言え!」という、ジャン。

アンタにだけは言われたくありません。

■“ネイホウ”を「香港のこんにちは、っていうあいさつよ」とジャンに言う小野真弓に、「おもしれえ言葉だな」というジャン。

いや、だからアンタにはいw(略)。

■乾坤一擲武闘会なるものが開催される模様。

ハッスルマニアではないようです。

■「近づくと痛い目に遭うわよ!」的なことをジャンに言っている小野真弓ですが、さっきから痛い目に遭いまくっているのはアンタの方です。

■「貴様の攻撃は無駄が多すぎる、無駄のないこのワシの体に力を託せ」と、ジャンに言う石橋雅史怪人。

アナタの、その無駄だらけの体のデザインは、戦うのに支障はないのでしょうか。

■リンカメレオン、守護獣プテラノドンや星鳳凰と同じくらい、合体において、あってもなくても大して変わりがないパーツのように思います。

■「ワシは、ワシは…」と言いかけて敗退する、石橋雅史怪人。

きっと、「ワシは太陽系のエンペラーじゃー!!」と言いたかったのだと思います。

■ネコがパスポート取ったり飛行機に乗ったりするのは別に良いのですが、明らかに不法入国・不法滞在のゲキレンジャー連中は、さっさと香港から離れた方が良いように思います。

■正直、映画としての出来はイマイチですが、どっかの映画みたいに、タイアップで訳の分からない歌をエンディングに流したりせず、テレビシリーズと同じ主題歌をオープニングとエンディングに流している点は、大変好感が持てますし、高く評価します。

(Visited 95 times, 1 visits today)