特捜最前線 第153話 上野発“幻”駅行!


【脚本 長坂秀佳 監督 青木弘司】

正直、前情報無しでこの回を見ていたら、最後まで長坂氏脚本とは気づかなかったであろう。そう思うくらい、それまでの同氏の脚本のイメージとは違うなあと感じた話。

この回というのは、事件や捜査というよりも、ひとりの女に惚れた滝を追っかけて見るべき話なのだろう。正直個人的には好きな話ではないが、たまには『特捜』にこんなテイストもあっていいのだろう。

しかしこの話、今作ったら「ただのストーカー」で一蹴されちゃうのかなあ。

(Visited 204 times, 1 visits today)