仮面ライダーキバ 20本目 夜想曲 愛の救世主


もちっと体にあった自転車を調達出来んものか

今回から、朝日放送の地上デジタル放送では、画面右上に“ABC”のロゴが入りました。関西圏の他の民放では、すでに右上のロゴが入っていたので、朝日放送が一番最後ということになったようです。

まあ、どっちみちこの時間の放送だと、左上に“時刻”が出ているので、ロゴを出す意味があまり無いっちゃ無いんですが。

■お早い復活のキバット。「開けっ、開けっ、開けっ、このっ」と言いながら、戸を開けて家に帰ってきます。

自分の家なんですから、ガラス割って入れば良いと思いますが。

■神様のイタズラで、渡くんの体の中に乗り移ったという、紅音也。

霊能力者の力です。

■「もうすぐイクサが来るはずだ、その時まで生かしてやろう」と、捕えた名護さんとロック男に言う、テントウムシ怪人。

今すぐブッ殺しても別に構いませんが。

■恵さんに、もしかして母親は麻生ゆりかと尋ねる、渡くんの中の紅音也。

この口ぶりからすると、少なくとも恵さんは、紅音也とゆりさんの子供ではないようです。

■紅音也に「ルークはどうしたんだ」と聞かれ、「逃げられた、あと一歩まで追いつめたのに」と答える、ゆりさん。

あの状況が、本当にあと一歩まで追いつめたと言えるかどうかは、判断の難しい所です。

■インターネットで自分好みの服を揃えたという、渡くんの中の紅音也。

渡くんの家には、インターネット回線はおろか、電話もひいてなさそうな雰囲気なので、どこから何を使ってアクセスしたかは不明ですが、いずれにしろ、何の抵抗もなくインターネットを使いこなすところを見ると、紅音也の現代社会への適応力は、なかなかのようです。

■いつもと違う渡くんに尋ねる恵さん。

アナタ、一体誰なの?

ハ●テン中古車センター♪

あと紅音也、恵さんを助けるつもりなのか、恵さんを浮き袋で撲殺するつもりなのか、よく分かりません。

■結婚式場で、とある女性とゆりさんを間違う、紅音也。

いくら後ろ姿とはいえ、この女性とゆりさんとでは、おなじストレートヘアーでも、かなり髪質が違うように思います。

それで、その女性とをゆりさんと間違えるところを見ると、紅音也の女性を識別する能力は、意外と大したことはありません。

■ルークが狙った花嫁は、実はファンガイアだったようですが、ルークはそのことに気がついてなかった模様。多分、ご褒美のことしか頭に無かったのでしょう。

そこへ現れる、さっきの女性。どうやら彼女は、チェックメイトフォーのひとりの、クイーンのようです。真夜という名前もあるようですが。

クィーンと聞くと、上級アンデッドを思い出します。もっとも、クィーンの中に、なぜかひとり野郎が混じってましたが。

ちなみに、真夜役の人、前にどっかで見たことあるなと思っていたら、『ULTRASEVEN X』のエレアさんでしたか。

■紅音也の肩に頭をもたれて、しばらくこのままにしておいてくれといって泣く、ゆりさん。

紅音也、心の中ではガッツポーズです。

あと、多分アレはアレな状態になっていると思われますが、残念ながらこのサイトではここまでしか書けません。

■次狼さん、2カットしか出番ありませんでした。

■野焼きのドラム缶の中から、イクサナックルを救出する恵さん。

激しくイクサナックルになりたいです。

■渡くんの中の紅音也に、また「アナタ、一体誰なの?」と聞く、恵さん。

だから、ハナt(略)。

■イクサの、太陽剣オーロラプラズマ返しが、テントウムシ怪人に炸裂しました。

■なぜか地中に潜っていたキャッスルドランですが、どうせ潜っているなら、イクサショベルカーに掘り出してもらえば良かったように思います。

暴走したイメージ なんだかよく分からないテントウムシ怪人の巨大形態に、ダブルライダーキックをかます、キバとイクサ。

ふと、『仮面ライダーJ』を思い出させる映像です。

まあ、空中で脚を棒のように突っ張らせて敵に突進するという、よく分からない攻撃方法は相変わらずですが。

■もう紅音也は、渡くんの中に降りてこなくなった模様。

静香ちゃんはこのままでいいそうですが、恵さんは、渡くんに乗り移った人にお礼が言いたいそうです。

ロック男の知り合いの霊能力者に頼んだら、また降りてくるんじゃないですか。

仮面ライダーキバ VOL.1

(Visited 15 times, 1 visits today)