仮面ライダー555(ファイズ) 第38話


続・俺の据え膳食わぬは男の恥

■「どういうつもりなんだ君は?!本気で乾くんを?!」と、カイザにつっかかる木場ファイズですが、先週からファイズの肩のパーツが妙にプラプラなのが気になってしょうがありません。

■たっくんについて「奴は、お前の知らない罪を背負ってるんだ!」と木場ファイズに言うカイザ。

だから、罪作りまくりのアナタに、あまりそういうことを言われたくはありません。

だいたい、アナタのその認識も間違ってますし。

■たっくんを襲ったという草加雅人に、怒り心頭の真理ちゃんと啓太郎ちゃん。

啓太郎ちゃんは「たっくんはただのオルフェノクじゃないんだ、そんなこと、本当は草加さんも分かってるくせに!!」と草加雅人に言いますが、

全然分かってないと思います。

そして、「草加くんなんかより、巧の方がずっと信用できるよ」と言われ、真理ちゃんに手を出す草加雅人。

コイツ、万死に値します。

やはり、本当のことを言われるとキレるようです、草加雅人。

■たっくんに電話をしようとする真理ちゃん。

ところでその携帯、前回のと同じものでしょうか。もしそうだとしたら、あれだけ雨に濡れてもまだ使えるとは、相当に根性のある携帯です。

しかし、それを草加雅人に邪魔されます。

真理ちゃんは、なぜたっくんをそんなに憎む必要があるのか、それはたっくんがオルフェノクだからなのかと、草加雅人に聞きます。

それに対し「違う!」と否定する草加雅人。

ただ単に気に入らないだけですよ。

そして、真理ちゃんの記憶通り、流星塾の同窓会を襲ったオルフェノクがたっくんかもということについては、“そんなことあるはずない”と草加雅人は言った、と言うマリちゃん。

でまかせですよ。

■三原くんと里奈ちゃん、なんだかんだで相変わらずひっついて行動してますか、こいつら。

■ダーツをしても、的に届く前に矢が灰になる北崎くん。

そんな北崎くんは、琢磨くんに「僕のこと可哀想だと思わない?」と言います。

全然思ってないと思います。

あと琢磨くん、相変わらずシッペ恐れ過ぎです。

■どうでもいいですが、スマートブレインの社長、エラく肌が荒れてます。最近寝不足なのでしょうか。

■乾巧がラッキークローバーに入らなかったら、自分が責任をとるという社長さん。

それはいいのですが、アナタが矢を投げた方向にあるのは、ダーツの的じゃなくて琢磨くんの頭だと思いますが。琢磨くん無事でしたか。

■ホカ弁食いながら真面目な話は厳禁です。

■三原くんと里奈ちゃんカップルの前に現れた新オルフェノク、長時間直視するのが辛い造形です。

■スマートブレインの会社案内を見る添野刑事の娘さん。

美容院からスマートブレインに転職しようとは、なかなか無謀な賭けのようにも思います。

それはいいのですが、スマートブレインの次に見た会社の案内より、スマートブレインのそれの方が薄っぺらいというのは、なんともかんともです。

■そこへ帰って来て、「なんて格好してんだよ、股なんか広げて、若い娘が」という添野さん。

良いじゃないですか。

■美容院の仕事は意外としんどいから転職したいという娘さん。

それを聞いて「そうか」と納得する添野さんですが、

父親なら、そこで納得しないでください。

■スマートブレインの会社案内を見る添野さん。どうでもいいですが中途半端な表紙です。

もうこの際、スマートレディの水着姿でもドーンと載せたらどうでしょうか。

■防犯カメラに映っていた男がスマートブレイン関係者だと分かり、その男を消してくれるよう、冴子さんに頼む社長さん。

「間抜けな社員がいましてね」という社長さんですが、そんな男をついうっかり会社案内に載っけたり、防犯カメラに映るような行動をとる部下を任務にあたらせたりしたアナタも、十分間抜けな社長だと思います。

あと、自分の不始末なら、自分で処理していただきたいものです。

■本日のタイアップ先は富●急ハ●ランドのようです。

お化け屋敷で、木場くんは撃沈です。

あと、木場くんはベルトを持っていませんが、ロッカーか手荷物預かり所にでも預けているのでしょうか。

だとしたら、後から来るオルフェノク、そこを探せば何の苦もなくベルトが手に入ったでしょうに。なるほど、間抜けな社員です。

■たっくん、結花ちゃんの時に続いて、またもや地べたに寝かされました。

■間抜けな社員オルフェノクを前に、ファイズに変身する木場くん。期せずして、富●急ハ●ランドでリアル仮面ライダーファイズショーが始まりました。

■社長さんを前に「おまえの仲間になるくらいなら、死んだ方がマシだ!!」という、たっくん。若干ヤケになっているようです。

■「私に恥をかかせるなら、命はない」と、バラ怪人に変身する社長さん。

ただ、バラ怪人の走り方が妙に可愛くて、ちょっと笑えます。

■どうやら、流星塾の同窓会を襲ったのは、ウルフたっくんではなく、ドラゴン怪人だったようです。

そのドラゴン怪人、急に細くなって素早くなりました。彼もオリジナルのようです。

■ウルフたっくんとバラ怪人の戦っている場面では、何だかバラの花ビラが舞ってますが、ハードディスクレコーダーに低いレートで録画した映像だと、ブロックノイズ入りまくりで見るのが大変です。
.

(Visited 245 times, 1 visits today)