ジェットマン 第20話 結婚掃除機


【●イブルスィーパーが次元獣になったらどうするつもりだったのか】

■姉をおかしくした犯人を捜して結婚式場を回るミチルちゃんですが、なぜかそこに凱もいます。

香と結婚する事を前提に、もう式場の下見でしょうか。ずいぶん気の早い奴です。

■ミチルちゃんをトラックから助ける凱。って、

トラックを真っ正面から止める作戦ですか。

普通こういう場合、ミチルちゃんを抱えてトラックの前からを通り過ぎて横に倒れるとか、そういう方法をとると思いますが。

さすが、予定もないのに式場を下見に来た男は違います。

■で、「ケガはないか」とミチルちゃんに聞く凱。

あるわけありません。

ところで運転手がいっこうに出てきませんが、もしかして今の一撃で気絶でもしたのでしょうか。そちらの方が心配です。

■テーブル屋根のSDマーク目立ち過ぎです。

■凱おびき出しのため、高いところに登って全国中継されるミチルちゃん。

「俺に全国ネットで恥かかせやがって!」という凱ですが、こんなことを全国ネットで生放送するくらい、この国の放送局って暇ですか。

■「愛だ、愛をくれ」という次元獣ソウジキジゲン。とても掃除機とは思えない発言です。

今回の作戦は、「愛を奪えば、女たちは結婚を放棄、子孫は絶滅」というものだそうです。

悪くはないですが、人間に対する認識が若干甘いように思います。

別に愛なんかなくったって、子供はできますから。

■相変わらず、ラディゲさんはセミマルの成長にしか興味がない模様です。

■ソウジキジゲン、よく見ると背中に多種多様なアタッチメントが装備されていますが、これが役に立つ事はあるのでしょうか。

あと、相変わらず「愛だ、愛をくれ」と掃除機とは思えない発言を繰り返しています。

■凱に見切りをつけて去って行くミチルちゃん。
怒る凱ですが、ミチルちゃんは、わざと凱を怒らせて事件から遠ざけているのだ、と凱に言う香。

それはそれで考え過ぎのような気がしますが。

■「人の恋路を邪魔するなんて、許せないわねー」というアコちゃん。

アンタもちょくちょく人の恋路にちょっかいを出しているように見えますが気のせいでしたか。

■久々登場の小田切長官、「愛を食べる次元獣ねぇ…」と言います。

長官も愛が欲しいのでしょうか。

■偽装結婚式でソウジキジゲンをおびき出そうというジェットマン。

それはいいのですが、竜のメガネが極めて不自然です。

それであれば、むしろ雷太のメガネを無しにするべきだと思いますが。

■「神の御前にて近いの接吻を」という神父、そしてアコちゃんに接吻する気満々の凱。

なんとか阻止したいアコちゃん、「だってだって、これってファーストキスよ?!」

何ですと!!!!!!!!!!

■ミチルちゃんの凱への愛を奪い、調子に乗ったソウジキジゲンは、おあつらえ向きにカップルがゴロゴロいる公園へ。「こんな良いところがあったとは」とソウジキジゲン。

確かに、愛が欲しいのであれば、肉欲しか渦巻いていない場所より、むしろこういうところのほうがいいでしょう。

■そこへ、ジャンパーソンがエンディングで歩いてきそうな場所から現れ、

力づくで愛を奪おうなんざ、モテねえ野郎のする事だぜ!!」という凱。

それはつまりアンタの事です。

■凱役の若松俊秀自らが歌う挿入歌『炎のコンドル』が、ドルドルドルドルコンドルと初使用です。

■ソウジキジゲン、ファイヤーバズーカもくらわずにやられるとは、情けない奴です。所詮は掃除機。

■さらに、巨大化してもバードニックセイバーもくらわずに敗れるソウジキジゲン。やっぱり所詮は掃除機。

結局、多種多様なアタッチメントは役に立ちませんでした。無念。

鳥人戦隊ジェットマン VOL.2
第11話から第20話収録のDVD

(Visited 163 times, 1 visits today)