百獣戦隊ガオレンジャーvsスーパー戦隊


牛乳の銘柄はどうでもいいのか

従来ならば『百獣戦隊ガオレンジャーvsタイムレンジャー』となるはずなのだが、25年ということからか、ガオレンジャーの戦いに、歴代のスーパー戦隊が加勢するという趣向になっている。

宮内洋が番場壮吉・ビッグワン、嶋大輔が天宮良・レッドファルコンとして登場、飯塚昭三が声の出演をするなどの見所はあるのだが、無理やり歴代戦隊の映像やメカの登場などを入れたため、冗長な作品となっており、話自体の出来も正直たいしたことはない。

ので、ここでは作品中の歴代戦隊活躍シーン使用された、主な楽曲をリストにしてみる。

■メガピンク・ガオピンクパート

セクシャル・レディ(超電子バイオマン)

ピンクレーサーの出てくるところから

青春サーキット(激走戦隊カーレンジャー)

なお、使用されているピンクレーサー対PPラッパーの映像にも、この曲が流れている。

■ギンガブルー・ガオブラックパート

BLUE TOGETHERNESS(超電子バイオマン)

■ゴーイエロー・ガオブルーパート

俺のハートは夢じかけ(科学戦隊ダイナマン)

イエローターボの出てくるところから

心よしなやかに舞え!(高速戦隊ターボレンジャー)

■レッドファルコン・ガオイエローパート

夢の翼を(太陽戦隊サンバルカン)

なお、使用されているバルイーグルの映像にも、この曲が流れている模様。

■番場壮吉登場シーン

スペードエース若き獅子(ジャッカー電撃隊)

■レッド系メカ登場シーン

五つの心でファイブロボ(地球戦隊ファイブマン)
.

(Visited 140 times, 1 visits today)