激走戦隊カーレンジャーvsオーレンジャー


【南米支部はどうでもいいのか】

見所:

脚本上も演出上も待遇の悪いオーレンジャー。

なのに、ひとりだけ優遇されているさとう珠緒

妙になで肩のオーレッドと、妙に小柄なオーブルー。

どうみても顔が神田川俊郎のSSスタタンゾ。

南米にも支部があるという、ショッカーのようなU.A.O.H.(うあおー)

やっぱり宮内洋

水谷リカ

——————-

戦隊VSシリーズの2作目。宇宙暴走族ボーゾックと手を組んだマシン帝国バラノイアの残党・バラモビルと、カーレンジャー・オーレンジャーが戦う話。

今回は、オープニングの始めに『激走戦隊カーレンジャーvsオーレンジャー』とロゴが出るので、これが正式タイトル。

前作ではオーレンジャーとカクレンジャーとの直接対決はなかったが、今回はカーレンジャーとオーレンジャー、オーレンジャーロボとRVロボが対決しているので、本当に“VS”となっている。

また今回、主役戦隊とゲスト戦隊の配色が完全に同じなため、中盤、海岸でカーレンジャーとオーレンジャーが戦うシーンなどは、パッと見ではどっちの戦隊なのか区別しにくく、それがまた面白い。

ただ、脚本が浦沢義雄だったせいか、オーレンジャーの扱いがかなりぞんざい(に見える)。

オーレンジャー本編にも、上原正三脚本によるギャグ編は数多くあったが、浦沢脚本にかかると、やはりかなり異質に見える。

よって、オーレンジャーファンが見ると、気分が悪くなると言うか、癇に障る恐れあり。

そんな中でも、宮内洋参謀長は大活躍。やっぱりスゴいぞ、この人。

なお今回は、暴走皇帝エグゾス登場からゾンネット離反までの間に、TVシリーズ中に起きた出来事として、解釈することが出来る話になっている。

激走戦隊カーレンジャーVSオーレンジャー
.

(Visited 118 times, 1 visits today)