オーレvsカクレンジャー

【若ければ顔とかはどうでもいいのか】

見所:

さとう珠緒。
でもわたしは樹理の方が好き

宮内洋。

スペースマフィアに乗り移られる裕司。

オーレンジャーなのに、昌平の骨が透けるカクレンジャー演出。

巨大メカ総動員で妖怪オンブオバケ一匹倒せないヘタレなオーレンジャー。あまつさえマシン獣バラハグルマにオーレンジャーロボを乗っ取られる。

突然声がキン肉マンになるガンマジン。

本編が始まってから22分過ぎないと出て来ないカクレンジャー。

なぜか1000点頭脳を目指すバッカスフンドとブルドント。

横山菁児のドンドコな音楽と、川村栄二のポコポコな音楽の共演。
しかも、1曲だけ『ダイレンジャー』の音楽が混ざってたりする。

妙な場所に現れる東映チャンネルマーク(東映チャンネル限定)。

——————-

いわゆる“戦隊VSシリーズ”の第1作目。

Vシネマであり、当時LDでリリースされ、テレビ放送はされていない作品であるが、TVシリーズのスペシャルのような雰囲気。

特別なオープニング・エンディングは作られておらず、TV版オープニングの最終型と、TV版と同じエンディングが使用されている。

また『オーレvsカクレンジャー』というタイトルは、オープニング直後にサブタイトルとして登場する。

従って、厳密にはこの作品は『超力戦隊オーレンジャースペシャル』とでもいう作品名、とも言える。

ちなみに、この作品ではバッカスフンドとガンマジンが登場しているが、TVシリーズにおいては、バッカスフンドがオーブロッカーに敗れた後にガンマジンが登場しているので、TVシリーズ中の出来事と解釈するのは不可能、ということになる。

超力戦隊オーレンジャー オーレ対カクレンジャー
.

(Visited 82 times, 1 visits today)