仮面ライダー響鬼 劇場版 仮面ライダーヒビキと7人の戦鬼


【見た!!オ●ナミンC】

九人〜の戦鬼と〜
人〜のぉ言ぅう〜〜〜(違)

2005年に『魔法戦隊マジレンジャー』と一緒に公開された『仮面ライダー響鬼』の劇場版。

筆者が見たのはいわゆるディレクターズカット版なので、劇場公開バージョンとそれとの違いはここでは言及しません。

にしても、タイトル出るまで長っ。

相変わらず、ライダーの劇場版の方は、TV版と違うものを作りたがるようで、この作品も、基本的に昔を舞台にした時代劇仕立てである。

まあ、劇中「ダイエット」とか「リバウンド」とかいう言葉が出てきたり、カスミやヒナカの服が中国か韓国風だったりと、ちょこちょこおかしなところがあるが、

風雲ライオン丸に比べれば別にどってことはない。

ただ、現代から始まって、昔になって、またちょろっと現代にもどるという展開は、大きいお友達には理解できるが、メインである幼少の観客がどれだけついて来れたかは疑問。

ただでさえ、普段のキャストが違う役をやっているだけで、観客の混乱を招くには十分すぎる状況になっているので、時系列の逆転が、その混乱に拍車をかけることになりはしないかと。

まあ、話自体は“単純に響鬼の時代劇版”と捉えれば、そこそこ面白い。とはいえ幼少の観客にしてみれば、序盤のあたりはかなりダルい展開なので、そこでそっぽを向かれたり、眠られたり、「ねーマジレンジャーはー?」とか言われたりしなければよいのだが。

いちおう、過去の戦いが現代に繋がっている展開なのだが、それって、是が非でも必要な要素だったのだろうか。

別に、前述した“時代劇版響鬼”で、はじめから最後まで通しても、それはそれで良かった気もするが(そうなると多少話の内容は変わるだろうが)。

あと、劇場版だけの鬼が登場するというのもこの映画の売りだったのだろうが、見終わって見ると、それさえも果たして必要だったのかと思えてくる。

それぞれに1回は変身シーンがあり、ラストでそれぞれ戦闘員(?)と戦ったり、安倍麻美怪人に必殺技を繰り出すところがあったりするのだが、その前の展開ですっかり“過去のキャラクター”になってしまった感があるので、いまさら見せ場を作られてもダルいだけという気がした。

それに、鬼のうちのひとりが裏切るのだが(いまさら伏せる必要もないと思うが一応名前は伏せる)、それもかなり唐突。と、いうことは、観客を引き込んだり、納得させるための伏線が上手く張られていないということだ。その辺、もう少し何かあっても良かったんじゃない?

とはいえ、このくらいの出来なら、いち特撮ファンとして特撮ファン以外の人に見せても恥ずかしくない(『カブト』の劇場版などは、恥ずかしくて見せられない)。

でも、予告編で期待したほどの面白さではなかったなぁ。

終わりに。安倍麻美とか小泉孝太郎とかは別にどうでもいいのでが、ドランクドラゴンの塚地は面白かったので一見の価値あり。

いや、そりよりなにより、あきらタンにもっと活躍してほしかった…。
.

(Visited 66 times, 1 visits today)