鳥人戦隊ジェットマン 第2話 第三の戦士


【車の持ち主が戻ってきたらどうするつもりだったのか】

■自分のことを、気前が良い上に男前だとぬかす結城凱。

しかし、女を選ぶ目はないように思います。

あと、納豆と男は大嫌いだと言ってますが、基準がよく分かりません。

■車に詳しくないので車種はよく分かりませんが、高級車(多分)で人探しとは、なかなか良い身分です。

■「あーら先生知らないの?能ある猿は尻を隠すっていうじゃない」というアコちゃん。

聞いたことありません。

それに、万が一「能ある鷹は爪を隠す」の言い間違いだったとしても、アナタはツバメですから、一応。

■アコちゃん、2000円で競技会出場を引き受けるつもりのようですが、あまり欲のない人です。

これなら、10000円出せば、あんなことやこんなことまでしてくれそうです。あ、いや何でもありません。

■小田切長官、やたら色っぽい表情で飛行機から脱出しました。

■高等学校陸上競技会 東東京地区予選会

とありますが、やけにしょぼい競技会です。そもそもこういうのって、一介の高校のグラウンドでやるものでしたっけ。

■揺れるチチ、揺れるフトモモ、あ、いや何でもありません。

■香から「大事なお話がありますの」と聞き、「ハエ?」というアコちゃん。

いや、だからツバメなんだってば。

■凱、一人で生きてるとか言ってる割に、バンドをバックに演奏とは一体どういうことでしょう。

■「いっそのこと人間なんざ滅んだ方が良いんじゃねえのか?」という凱。たまには良いこと言います。

■ジェットマンの話を聞き、「こりゃまたびっくらこいちまっただなあ」というアコちゃん。

孫悟空かお前は。

■「ものすごい重労働なわけでしょ?」というアコちゃん。それは確かにその通りです。

しかし、その割には時給1500円と、相変わらずあまり欲のない要求です。

■香から一千万の小切手を渡され、「い っ せ ん ま ん っ て い く ら だ よ ?!」と動揺するアコちゃん。

一千万は一千万です。

■アコちゃんを買収することに対し、「香さん、マズいんじゃないですか。こういうのって」という雷太。

非常に合理的じゃないですか。

■ジェットホークで出撃する竜ですが、よく見ると、つぶらな瞳が描いてあって、けっこう恥ずかしいマシンです。

■凱を捕まえるファイタージゲン。この時点では、ジェットマンだと知って捕まえたとも思えないので、パッと見なんとなくムカつくから捕まえたのでしょうか。

■落下する凱に、同じく落下しながらバードブレスを投げる竜。詳しいことは分かりませんが、明らかに物理の法則にケンカを売っている渡し方です。

■グリナム兵に対し、いきなり急所攻撃のブラックコンドル。マスクのつぶらな瞳に恥じるような攻撃です。

■ファイタージゲン、次元獣第1号で体も大きいのに、ロボットではなく等身大のレッドホークひとりにやられました。悲しい最期です。

■「気に入らねえなあ、命令ばっかりしやがって」と、レッドホークにたてつくブラックコンドル。まあ気持ちは分かるというものですが。

■グレイ、指がライターとはこの上なく便利です。

■せっかくの大金を香に返すアコちゃん。とことん欲のない子です。

■タバコに火をつけようと思ってもライターがつかない凱。指ライターのグレイとはえらい違いです。

鳥人戦隊ジェットマン VOL.1
第2話『第三の戦士』を含む
TVシリーズ第1話から10話までを収録。
.

(Visited 124 times, 1 visits today)