快傑ライオン丸 第17話 怪人ジェロモ 悪魔のノロシ


【軟体動物だったらなあ】

北海道シリーズ第2弾。
冒頭、「北海道亀田郡尻岸内町」「恵山高原ホテル」とテロップが出ます。

いきなり近代建築物と送迎バスが出てきて、かなり興ざめです。

■襲撃するジェロモ、妙に特徴のある音楽です。

■リアルな子供に声優さんの声がアテられると、かなりの違和感があります。

■「みんなー、がんばるんだ!お役人が助けに来てくれるぞ、それまでがんばるんだ!!」という村のリーダーらしい人物の三太郎。

ゴースン魔人とドクロ忍者が相手では、お役人が何人束になってかかったところで、屁の役にも立たないと思います。

■ジェロモのノロシが上がったのに何も起こらないので、横にいた奴に「おい、様子を見てこい」という三太郎。

お前が行けよ。

■怪人ジェロモ、なぜかサソリを操っています。見た目は狼っぽいですが。

■ところでこの砦とやら、ドクロ忍者くらいでも簡単に飛び越えられそうな高さですが大丈夫なのでしょうか。

■「もうすぐお役人が来るからがんばるんだ」と、相変わらずお役人頼みの三太郎。

だから役人なんて役に立たないってば。

■少年が役人を呼び言ったことを知って心配する村人に、「大丈夫です、きっとお役人を連れてきますわ。小助ちゃんが一緒ですもの」という沙織さん。

なおさら心配です。

■しかも、言ってる側からドクロ忍者に捕まる小助。やっぱり足手まといでした。

■子供ではあてにならんと、横の奴を砦から出すも、速攻殺され、「だめだ、やられた」という三太郎。

当たり前です。

やる前から結果の分かっている行動を、わざわざとらせるのもどうかと思います。

■自棄になって砦から出たところを、これまた速攻殺られる村人。

ここはバカの集まりですか。

■ついに三太郎も自棄になって、「みんな、潔く死のう!!」と言うと、それに同調する村人たち。

やっぱりバカの集まりでした。

■捕まった小助と少年。「俺は父さんの仇を討つ!」はいいですが、相変わらず顔と声が合ってなくて、かなりの違和感です少年。

■砦内で三太郎が能書きたれている間に、またひとり殺られました。こうなるともう、砦など全くの無意味のような気がします。

■ジェロモ、わざわざ太刀のある場所に獅子丸を連れてくるとは、間の抜けた奴です。

■ヒカリマルに「縄を切ってくれ!」と頼む小助。

「そんな小難しいことが馬に出来るか」

■ライオン丸とジェロモ、この番組では珍しい、「ビシッ」「バシッ」という肉弾戦です。

■ライオン丸とジェロモの対決、どうやら撮影中に本物の霧がかかっていたようで、実に良い映像でした。

■少年の声の違和感は、結局最期まで拭えませんでした。

快傑ライオン丸 プレミアム・コレクターズ・エディション ~第壱章 獅子之函~ DVD-BOX(1)
第17話「怪人ジェロモ 悪魔のノロシ」を含む
TVシリーズ第1話〜30話までを収録。
.

(Visited 87 times, 1 visits today)