ウルトラQ 第28話 あけてくれ!


【イマジンと契約したほうが早いような】

昭和41年の本放送では放送されず、再放送時にはじめて放送された回。

放送が見送られた理由は、翌週から新番組『ウルトラマン』が始まるため、『ウルトラマン前夜祭』を放送するとめと、話自体が難解だったため、ということである。

もっとも、基本的に1話完結の短編作品の集合体である『ウルトラQ』は、

「ペギラが来た!」→「東京氷河期」
「ガラダマ」→「ガラモンの逆襲」
「変身」→「悪魔ッ子」

の順番さえひっくり返らなければ、どの順番で放送してもかまわないわけで、そういう意味では、第1話も最終回も、この番組には存在しないといってもいい。

なので、この「あけてくれ!」が、全28話中たまたま28番目に放送されたので、便宜上この作品が第28話、すなわち最終回という扱いになるわけだ。

で、肝心の中身だが、なるほど悪い意味で難解という感じがする。

本編中、結局何一つ問題は解決しないまま終わるのだが、あえて解決しなかったというより、解決する気がなかった、もしくは解決させようが無くなった話という印象を受ける。

とはいえ、時間と空間を超越する空飛ぶ電車は、さしずめ昭和41年・円谷プロ版デンライナーといったところか。

この回、あの天本英世さんが出演しているが、死神博士等を先に知っている私から見たら、普通に喋っている天本さんが、可笑しくもあり新鮮でもあった。いやまあ、ただ普通に喋ってるだけなんですけどね。

あと、天本さん演じるSF作家が書いた文章は、なにか明治後期や大正文学のニオイがプンプンする文章。そういえば、この回の天本さんの風貌は、どことなく芥川龍之介っぽい…。

(Visited 114 times, 1 visits today)